上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
孫悟空こと慎吾くん、「27時間テレビ」、おめでとう
お兄ちゃんたちがバックアップしてくれると思いますが、ガンバッテね


古~い話題をします(開き直ってどうする・・・笑)
「スマシプトリオ」
中居さん、剛くん、慎吾くんで韓流の「ピ」さんの東京ドームコンサートを観にいったそうです。
剛くんはわかります、「スマステ」で韓流を2回特集した慎吾くんもなんとなく・・・、でもなぜ中居さん?
ジャニーズ以外のドームでのコンサートを観て構成とか会場の使い方とか参考にしたかったのでしょうか?
でも、スマップ今年のコンサートはいつ?
というより、新曲も出してないんですけど・・・「Mermaid」~~~

以下は現実のスマさん達と違います。




楽屋で本を読んでいると、剛と慎吾が仲良く入ってきた。
「おはよう、ゴロさん」
「おはよう、吾郎ちゃん」
「おはよう、剛、慎吾。あっ、剛、この間は舞台、観に来てくれてありがとうね」
「うん、すごいよかったよ、やっぱり、ゴロさんのために書き下ろした作品だけあるよね、すごい合ってた」
「ありがとう、そう言って貰えるとうれしいな」
喜ぶ吾郎に慎吾が言った。
「ツヨぽん、もう観に行ったんだ」
「そのあと、焼肉のお店も連れて行ってくれたんだから。おいしかったネェ、ありがとう」
「どういたしまして。楽しかったネェ
「ネェ。・・慎吾なんか観に来てもくれないのに」
「なんか、トゲある言い方だね、吾郎ちゃん。俺、行けないの仕方ないでしょ。カンヌ行ってたんだよ、カンヌ。ワイドショー見てくれた?木村くんと2人でカッコよかったでしょ?」
「木村くん<は>かっこよかった」
「何?またトゲがあるんですけど。俺、吾郎ちゃんに何かした?」
「なぁ~んにも。カンヌで忙しいのは知ってる。だから、僕の舞台には来れないけど、でも、中居くんや剛と「ピさんのコンサート」には、行けるンだ」

「「」」
「それって、もしかして」と剛。
「もう、吾郎ちゃん、可愛い
「ほんと、ゴロさん、可愛いね
「わっ、抱きつくな、慎吾。なんだよ、2人して「可愛い」って」
「「だって、それって」」
2人して声をそろえて言った。
「「やきもちジャ~ン」」
「なっ、なんでそうなるんだよ」
吾郎の抗議はあっさりスルーされる。
「でもどっちに?3人だけで行ったこと?それとも吾郎ちゃんの舞台を観ずに、コンサートへ行ったこと?」
「ゴロさんのことだから、やっぱり、舞台じゃない?」
「でも3人揃って吾郎ちゃんのを観に行けないでしょう」
「来られたら、僕も困る」
「でしょ(笑)俺のこと責めてるけど、中居くんはどうなの?もう観に行ったの?」
「う~ん、中居くんはこっそり来てこっそり帰っちゃうから、いつ観に来てくれたのか、わかんないんだよね、いつも・・・ねぇ、剛」
「そうそう、それで本人に聞いても「行ってない」って絶対言い張るし」
「照れ屋さんなんだよね、中居くんは

それを聞いた慎吾は言ってみた。
「それってさ、俺も「こっそり観に行った」とかは、思わないわけ?」
「・・慎吾、その体でどうやってこっそり来れるの?」
剛もそれに賛同した。
「そうだよ、宮本さんも言ってたし「大きい人が来た」」
ビストロでゲストの宮本さんが劇場の隣の席に来た慎吾を「大きい人」と表現したことを言っている。
「ちょっと、ツヨぽん、どっちの味方?」
剛が苦笑しながら言った。
「味方とか、ないでしょ?・・・でも、舞台はホントに観といたほうがイイって。都合がつけば俺、もう一回観たいモン」
「また来てくれるの?ありがとうでも今度は後ろの人に注意されないようにネ」
「何?注意されたの?」
「剛が、前のめりになって舞台を観てたら、後ろの人に「観づらい」って注意されたんだって」
「えぇ~?!一般の人に?芸能人のオーラ、ゼロ?」
「それでさぁ、その話をしたら、ゴロさん、ひどいのよぉ。「木村くんだったら注意されないのにネ」だって」
「ゴメン、つい」
「はは、今、俺も同じ事思った」
「なんだよ、2人とも」

「ツヨぽんもオススメだって言うし、観に行こうかな「パーカーちゃん」」
「パーカー」はこの舞台の吾郎の役名だ。
「パーカーはあんまり「ちゃん」付けで呼ばれたことないけど。今度は駐車場で寝てないで、ちゃんと劇場の中においでよ」
「ん?まだ根に持ってるの?吾郎ちゃん。O型のくせにひつこいよ」(笑)
「慎吾こそ、都合よく忘れすぎなんだよ、A型のくせに」(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/93-4336e339

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。