上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私のPCの「へそ曲げ」やら、「チケット争奪顛末記」やらあったので、とっても前のお話になってしまいました。
現実のスマさん達の活躍についていけてません、私・・・・、ガンバロ。


剛くんが「ストスマ」でCMの裏話をしていました。
「ポカリCM」
とっても大掛かりで大変だったそうで。
そういうこともあってか慎吾くんと「お互い大変だったね~」という話をしたそうです。
その際「吾郎ちゃんのは楽だろう」と。
「大変だったろうけど、俺達のに比べたら楽だろう」という話を2人でしたとか。
私も「空想」でこのCMをメンバーで話題にしたのを書いたので「ホントに話してるんだ」と嬉しかったりして(もちろん、内容は違います)
それより、剛くんと慎吾くんが、吾郎ちゃんの話をしてる、というのを聞くだけで、顔がニヤけてしまう私

そういえば「パワスプ」でデンマークから剛くんと慎吾くんが「チョープライベートな電話」を吾郎ちゃんにしたという話がででましたが。
その「チョープライベートな電話」というものの内容が知りたいです。
ホント仲良しさんで、嬉しい



ずいぶん前に、パリピアトリオで浮かんだお話というのがこれなのですが・・・予告するほどのものでも・・・あの時はあせってたから・・・
すごい前の話しだなあ・・・と温かい目で見ていただければ・・・・
以下は現実のスマさん達と違います。



「ゴロさ~~ん、元気~~
電話の向こうから、とっても元気な剛の声が大きく響いてきた。
「剛・・・・、今、デンマークだよね」
「うん、慎吾もいっしょだよ~~~ん
剛と慎吾は2人で声の吹き替えをした映画の国「デンマーク」に旅行中だった。
「剛・・・うるさい・・・」
大勢の人とにぎやかにいる(たぶん食事中の)剛。
ベッドサイドの明かりだけの静かな一人の部屋で、まだ覚醒しきってない頭の(つまり剛の電話で起こされた)吾郎。
状況が違いすぎる。
吾郎が、剛のテンションについていけるわけがない。

「剛、デンマークと日本の時差知ってる?」
「そんなの、知りませ~~ん」
「やっぱりね・・・」
いや、知っていたとしても、あんまり関係ないかもしれない「しんつよ」と「吾郎」の間では。

「ゴロさん、デンマーク最高!羊で、レゴで、ロハスで・・・」
「ロハス?」
剛の口からロハスが出てくるとは思ってもみなかった吾郎だが、剛が本当にロハスの意味を理解しているのか?
その疑問をぶつける前にもっと先に解決しておかなければならない疑問を吾郎は言った。
「剛、酔ってる?」
「えぇ~!?ちょっとビール飲んでるけど、全~然、酔ってないよぉ~」
『はぁ~』
「しらふの剛」に聞いても、答えられるかどうか疑問の「ロハス」を「酔っ払い剛」に聞いても仕方ないな・・・
やっぱり、「しんつよ」からの電話は、取るべきかどうか、本当にちょっと学習したほうがいいのかもしれない・・・
そう思いもながらも、取ってしまう自分がいることも自覚してしまった。

吾郎が小さく悩んでいると
「ねぇ、ゴロさん、聞いてる~~
と相変わらず上機嫌で大声の剛が叫んだ。
「あのさ~、羊がすっごいにらむのよ、俺を~・・で、慎吾はズルくてさ~・・・、ゲームでね~・・・・、チョー怖ぇーの・・・ボスが追っかけて~・・・、でね、慎吾が~・・・」
帰国した剛たちから話を聞けば「あぁ、そういう事か」と納得できることも、今の「酔っ払い剛」の話はあっちこっちに飛んでいて、脈絡がなく、吾郎もほとんど理解してはいなかった。
が、上機嫌で一生懸命話す剛からは、慎吾との2人旅がどんなに楽しくて充実しているかが伝わってきて、そういう剛の声を聞いていることは、とても心地よかった。
だから、内容はよく理解できなくても、吾郎は剛が話しやすいように適当に相槌を返した。
「ふ~ん、それで?」
「でさぁ、慎吾と羊がさぁ~~・・・」

「ちょっと、ツヨぽん、いい加減、変わってよ」
電話の向こうで慎吾の声がした。
「えぇ~、まだ話の途中だよ~」
「ツヨぽん、気が付いてないかも知れないけど、羊の話は3回目だよ」
「うそ~!そう~??」
「ほら、スタッフさんが、呼んでるよ、あっち」
「えぇ~?呼ばれた~?」
しぶしぶ、電話を慎吾に渡し、呼ばれたといわれたスタッフのほうへ剛は歩き出した。

「やっと変わってくれたよ、吾郎ちゃん、久しぶり」
「おはよう、慎吾」
「グッアフテン、こっちは最高だよ」
「デンマーク語で「こんばんは」はそう言うの?」
「吾郎ちゃん、デンマーク語、知ってんの?」
「知らない」
「じゃぁ、なんで俺の言ったのが吾郎ちゃんの言った「おはよう」じゃなくて「こんばんは」だとわかったの?」
「デンマーク語は知らなくても慎吾の言いそうなことはわかる」
「何それ、気持ち悪~~
うれしそうに慎吾が笑った。

「楽しそうだねぇ、デンマーク」
「すっげぇ、楽しい、今回吾郎ちゃん、来れなくてかわいそう」
「ホント、そんなに楽しいンだったら、一緒に行きたかったな、「ロシア」の時みたいに」
慎吾の番組の企画で吾郎、剛、慎吾でロシアに旅行したときのことを言っている。
「今回は、ムリだったじゃん。だから、こうして電話したげてるでしょ。この電話でガマンしなよ」
「そんな、心遣いのある電話だったら、もうちょっと掛ける時間にも気を使って欲しかったね」
「それは、俺じゃなくてツヨぽんに言ってよ」(笑)
「(笑)剛はさっき、羊ってそればっかり」
「かなり、インパクトあったみたいだよ。この話しは長くなるから帰ってからじっくり聞かせたげる。吾郎ちゃんには、羊のチーズもお土産に持って帰ってあげるよ」
「・・慎吾、僕が羊のチーズが苦手だって知っててワザと言ってる?」
「はは、やっぱり吾郎ちゃん、俺の言いたいこと、わかるんだ。チーズはうそだから。とびきりのお土産ツヨぽんと探して持って帰るから、楽しみにしてて」
「うん、待ってる。体、気をつけて。あんまり飲みすぎちゃ、ダメだよ」
「それも、俺じゃなくてツヨぽんに言ってよ」
「いいんだよ、慎吾に言っておけば、剛に伝わるから。その逆は怪しいけど」(笑)
「それも、ツヨぽんに言っとくよ、じゃぁね」(笑)
「バイバイ」(笑)


Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/84-b5ba3036

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。