上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しています。
今年は、いろいろありすぎで。
今は週末から、声が出なくなって筆談してます。
今日検査をして、大きな問題はなくて、ほっとしましたが、特効薬はなく、とにかく日にち薬で気長に出るのを待つということです。
筆談、疲れるんですよね、字が下手な上に焦って書くともっと酷くて・・・もっと習字しておけばよかった・・・読まされる方もストレスです、ごめんなさい、周りの人達。
・・・なんでもそうですけど、失って初めてわかる、大切なもの(私の声は一時的なだけです)。
当たり前に存在してるもの、出来る事、いつもそばにいる人等など。
今年は3人も近しい人を見送ったので、余計にそう思います。
そんな今年の舞台が例年になく、早く発表、チケット販売をされたのは、とても幸運なことでした。
おかげであの素晴らしい舞台「No.9」を観ることができました。
例年のあのバタバタチケ取りだったら、絶対無理でした。

と、余談はここまで。
既に1日遅れてしまってますが、稲垣吾郎さま、42歳のお誕生日おめでとうございます。
毎年同じ事を言ってて、常に進化し続ける吾郎ちゃんのファンとしては情けない限りですが、今の吾郎ちゃんが一番好きです。
でもこれを言えることにファンとして喜びを感じています。
「an・an」
眼鏡男子好きとしては可愛い眼鏡が似合う吾郎ちゃんが♪
「自分に優しく、人に厳しい」と言ってますが、「自分に優しく、人にも優しく」が正しい。
「自分に優しくなると心に余裕ができて人に優しくできる」
「優しさと、だらしない、甘さはまた別のもの」
吾郎ちゃんの日常は優しさに溢れてて、だから1年は優しさに溢れてて、人生も優しさに溢れてる。
だらける結果と甘えをストレスと感じる吾郎ちゃんだから、あのエネルギーを使う「No.9」の舞台を、ときに日に2公演しても声も体力も衰えることなく、しかもその間にレギュラーをこなし、課題図書を読み、映画を評す。そしてまた、稲垣吾郎はべートーヴェンになり舞台に立つ、という離れ業を自分に優しくという毎日の積み重ねで成し遂げていった。
吾郎ちゃんが積み重ねていく毎日で、今の吾郎ちゃんがあるのだから、今の吾郎ちゃんが一番輝いてるのは当然なんです。
「また来年もみなさんとお会いできる場を設けることができたらと、思っています。楽しみに待っていてください」
待っています、すごく楽しみに待っています。
優しさに満ちた日常を積み重ねた42歳の吾郎ちゃんの更なる魅力に、直に触れることのできる機会を心より待っています。

素晴らしい42歳をお過ごしください。



Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/734-3c355fc1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。