上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の時間はいったい何に費やされてるのか、謎・・・

今更ですが、手短に。

「流れ星」最終話
収まるとこに収まった最終回。ある意味ベタですが、修一兄さんがお星様になるというベタではなかったのでよかった。
1時間では修一兄さんの扱いはあれが限度かなぁとお星様にならなっかったというだけで許せてしまうファンです。
前回まであれだけ「修一兄さんと梨沙ちゃんの関係の背景を」とか言ってたのに。(byツイッター)

だって、かっこよかったんだもん。
最後の電話とか「ちょっと海外にね・・・」 ♪
会ってもあのスタイリッシュな姿なら全然信じるよ、電話の相手の人。
とても妹にそばに居て欲しくて入院して足が悪い振りしてた人には見えない(笑)
入院費もさらっと払えちゃうし絶対お金には困ってない。
マリアに会って、梨沙への執着がつき物が落ちるように落ちて、一度死に直面したから、もう本来の自分に戻ったと思う。
本来の修一兄さんってどんな暮らし?最後まで謎の経歴の持ち主♪

毎回数分なのに実にいろんな表情でしぐさで「修一」を見せて視聴者を惹きつけた吾郎ちゃん。
修一兄さんは回を追うごとに最初の設定とは違ってきて、大変だったんじゃないのかな?
台本貰って書かれてない修一の生い立ちとか梨沙への感情とか考えて演技して・・・でも次の台本ではその考えたのとはまた違ったセリフがあってまた修一を構築しなおして演技して、また次の台本で・・・連ドラは大変だなぁと思ったり・・・映画や舞台ならそんな事はないような・・・
そんな修一兄さんだから気になってしようがなかった。

ただ梨沙が「アニキ」とか、健吾、お母さん、先生が「お兄さん」とか言ってなかなか「修一」という名前が出てこなくて浸透してなくて・・・観てる人みんなが「吾郎ちゃんが」と言うのには参った^^;(苦笑)
「吾郎ちゃんじゃなくて修一兄さんです!」
ちなみに最終話、私の周りでは視聴率90%♪

Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/624-da552696

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。