上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.15 いつものこと
「生スマスマ」
最後の木村さんが女優陣3人と画面から見切った席に誰かを座らせて、指差ししながら恋人選び。
最後に見切った席の人に決まり「えぇ~~~???!!!」って叫ぶシーン。
見切った席にだれが座っているか妄想・・・というのをツイッターで呟いたのですが、そのとき思ったのとは全然違う「空想」となりました。


以下は現実のスマさん達とは違います。
ひさびさなので・・・とまた先に言い訳(笑)





木村の主演ドラマの女優陣3人と画面に見切った場所にもう一人、計4人を座らせて、木村が「(恋人を)誰にしようかな」と指で一人ずつ指しながら決めるのだが、最後見切った席の人で決まり、というエンディングをすることになった。
見切って誰かはTVには写らない席を指し、木村は
「吾郎、お前が座れ」
「うん、わかった」

「誰にしようかな・・・えぇ~~~っ?!!!」
ここで、生放送は終わった。

「なんでお前が座ってるんだよ?!」
木村は見切った席に座ってる剛に叫んだ。
「だって、ゴロさんじゃ、木村くんの驚きがリアルじゃないじゃん」
イタズラ成功とばかりに剛が言った。
「だったら、なんでお前の膝の上に吾郎が座ってんだよ!」
いすに剛が座り、その剛の膝の上に吾郎が座っていた。
「だって、木村くんがゴロさんに座れって言ったから・・・俺の上でもゴロさん、この席に座ってるから、木村くんとの約束はちゃんと守ってることになるでしょ」
「あぁ。そういうことね」
剛の言葉に吾郎が納得とのんびり答える。
「吾郎、なに納得してんだよ。ふつう断るだろ、その格好!」
「だって、面白いからって、剛が言うんだもん」
「面白かったでしょ?」
「まぁね」
笑顔で言う2人に木村が
「っていうか、お前ら、いい加減離れろ」
座椅子状態のままだった吾郎が離れて、
「あぁ、ごめん、剛、重かった?」
「いや、結構落ち着けた」
「ほんと?じゃぁ今度は楽屋で」
まったり会話する2人に木村が
「やるな!そんなこと。ドア開けて2人がそんな座り方してたら、びっくりするだろうが!」
「冗談だよ」
「ねぇ」
また、顔を見合わせて笑顔の吾郎と剛。
「つまり俺は思いっきりからかわれた訳だな、剛」
怒りのこもった木村の声に剛が慌てる。
「いや、リアルに驚いてもらおうと」
「問答無用!」
「わぁ~~っ!」
「待て!剛!」

大げさに慎吾がため息をつく。
「ああなるのが分かってるのに、やるんだよね、つよポン」
「いつものことだ。あれがあいつらのコミュニケーションであり、レクリエーションなんだよ、ほっとけ」
「分かってるけどね・・・あれ、吾郎ちゃんは?」
慎吾の言葉に中居は顎である方向を指しながら
「女優陣と談笑中」

「ほんと肌に良さそうだね」
「ツルツル、なります」
「私も欲しい」
「日本で売ってるかな?」
「私、みんな分、買う。持ってくる」
「ほんと?」
「嬉しい♪」
「じゃぁ、僕の分は木村くんに渡して・・・あっ、それともメルアド交換する?」

「さすが、吾郎ちゃん。全然違和感ない」
「いつものことだ」
感心する慎吾に仏頂面で中居が答える。

いつものことだね、確かに・・・そんな顔してても楽しそうな目が優しい、メンバーを見守ってる素直じゃない中居くんも。

今日の生放送はそんなSMAPがちゃんとみんなに届いたかな?
もう少ししたら、こんないつものメンバーSMAPが5人揃って、会いに行くから待っててね、全国のみんな。

「何、ニヤけた顔してんだよ、慎吾」
「いや~、俺たちSMAPだな~って。俺SMAPでよかった♪」
「カメラも回ってねぇとこでそんなハズイ事、言うな」
わざと眉間にしわを寄せて中居が言った。

は~い、そんな顔したって、俺と同じ気持ちなのは、丸分かりなんですけど♪


Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/579-da6ea7b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。