上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Mステ」
ちらちら流れるSMAP。
年代順じゃないのが・・・
古い年代なら、ファンでない人の曲も口ずさめる(笑)

「いいとも増刊」
友近さんがゲストのとき、「稲垣吾郎」から来ていたお花がちらっと写ったので保存。

「ナスカ」
ナビゲーターとかじゃなくて「旅人」というネーミングからして素敵な番組。
その期待に答えるようにアップや立ち姿のショットも美しくちりばめられてました。
ヘリが怖いはずなのに、地上絵が見えたらはしゃぐ声も、素人目線の素朴な質問も、浮ついてない感想も、こういう知的な番組にしっくりきていました。
これからは「旅人」シリーズとして、世界を旅していろんなことを教えてください。
しかし、ナスカにピラミッドがあったなんて・・・
あの地上絵は石を退けただけというあんな簡単な作りながら、どうやって全体象を決めたのか?
空から見て指示するわけではないだろうし・・・それも発掘とともに解明されていくのかしら?
まだまだ謎だらけ・・・地球は広い。


「TVガイド」
・中居さん
「出演者が不完全燃焼でも収録後のスタッフの頑張りで面白くなる場合も、その逆も・・・僕たちは素材。料理するのはスタッフと割り切ってる」
「スマ新」で萌を拾ってくれているガイドだから、言ったのか?
「スマスマ」で視聴者観覧が増えているのは、オンエアを期待していないので編集前の面白いものを出来るだけ多くのファンに見せたいため?それが全国ではなくごくわずかのファンに限られると分かっていてもせずには居られないほどに・・・
それほどまで思ってもどうにもならない編集の事情とは何?
・木村さん
新しい番組が新しい靴でその作品なりの靴底の減り方・・・分かるような分からないような・・・木村さんのたとえ話がまだよく理解できない・・・ツイッターで木村語録をフォローしてるんですけど(^^;)
・吾郎ちゃん
「地デジ」がたくさんでてきて「プチ地デジ大使」となってる。
吾郎ちゃんの口から「金田一」って聞くと期待しちゃいます・・・していいの?
・剛くん
「これからも自分の青春や人生を懸けて」
これからも青春を懸けて・・・って、年男の剛くんはいつまで青春なんだ?!
と、思ったけど、青春を懸けてこれまでやってきて、これからも人生を懸けるっていう意味かと、気付いた私。
・慎吾くん
さすがSMAPのファンの慎吾くん、メンバーみんなの番組を言ってます。
私も慎吾くんはTV向きだと思います・・・(慎吾くんの舞台を観たことないのに言ってみる)
いいアイディアかも・・・ネタを募集するより、結末を投票するほうがよっぽど、画期的♪・・・聞いてる?「スマスマ」企画の放送作家さま(プチ毒)



以下は現実のスマさん達とは違います。
「ウラTVガイド」を読んで浮かんだものです。
事前の会議での「コブシを突き出して」なら木村さんと吾郎ちゃんだし、現場での「コブシを突き上げて」なら剛くんと慎吾くんが正しいと思います・・・さて現場ではどっちだったんでしょうね?
でもどちらにしても「ニャン♪」にしか見えない中居さんは違う気がする(笑)
これは「空想」には関係ないです(笑)
剛くんのこと、良い意味でなので・・・怒らないでくださいね。












「ありがとう」
TV誌の表紙撮影の後、吾郎が木村に声をかけた。
「何が?」
木村の問いに吾郎が笑顔で
「左手で『グー』してくれて」
「あぁ」
木村は納得した。
「わかってたのか」
「わかるよ、すぐに」
SMAP5人揃ってのTV誌の表紙撮影。
撮影も終盤になってから急にポーズの要求「最後にコブシを突き上げていただけますか!お願いします!」
そう言われれば、普通、利き腕を上げる。
その証拠に中居、剛、慎吾は右手、左利きの吾郎は左手を上げた。
が、右利きである木村は左手を上げた。
利き腕を上げたら、吾郎だけが左手になってしまう。4対1ではバランスが悪いし、なんだか吾郎が間違えたみたいに映るかもしれない・・・吾郎の隣に居るのは自分だし、2人が左腕を上げれば・・・そう思った木村は迷わず左手を上げた。

「待てよ、それが分かってるんなら、お前がみんなに合わせて右を上げる可能性だって、あったのか」
そのときは俺だけ左になって間抜けだったかもな・・・
「それはないよ」
笑顔で速攻否定する吾郎。
「何で?」
「だって、木村くんが左腕を上げてくれると信じてた」
信じてた?・・・
一瞬戸惑ったが、すぐに理解した。
まぁそうか・・・それがうちらか・・・打ち合わせがなくてもとっさにメンバーのことを考え判断する、それはもう長年の習性・・・もしかしたら、他の3人も単に利き腕を出したのではなく、そこまで考えてあえて右腕を出したのかもな・・・
そんな木村の考えてることが吾郎にはわかっているらしい。
「でも剛は何も考えないで右だと思うけど。天然さんだから」(笑)
「だな(笑)・・・でもそんなやつが1人ぐらい居ねぇとな。逆にまとまらねぇわ」(笑)
「うん」
吾郎は同意の意をこめて、とびきりの笑顔を木村に向けた。


Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/571-72e4e306

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。