上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.23 意外
「月イチ」

感想は長くなるので、後で(と、いつも言ってるけど・・・笑)

4月からオープニングがリニューアルと。
大下さんとのあのお食事しながらの姉と弟のまたはOL同士の(笑)会話がすごく好きだった。
「凄くゴージャスで居心地のいいセット」ということは屋内になったのでしょうか?
確かに風のある日はファンは髪が気になったので(笑)、屋内のほうがいいかも(屋内とは書いてないですが)
もう撮影したということなので、楽しみです。

慎吾くんが吾郎ちゃんの舞台を観に行ったことを書いてくれてます。
とても好きな感じで、難しい感じのお芝居だったけど難解じゃなくて凄く楽しめて、感動した…
難解じゃないという慎吾くん。
物事の本質を直感的に見極めることの出来る天才慎吾くんなら、セリフに惑わされることなく、理解できたんだ、きっと・・・と、納得。
私はムリかも・・・感じればいいんです・・・と、こっちは無理やり納得(笑)。




「スマステ」HPのヘンシュウコウキまんま過ぎて、どうだろ・・・な「空想」です。
いいのかな?・・・とビビリつつ(笑)
でもあくまで、吾郎ちゃんファン目線(笑)


以下は現実のスマさん達とは違います。





「スマステ」本番前、吾郎ちゃんの舞台を観た。
これまでも吾郎ちゃんやつよポンが舞台するたびに観てきてその度に感動した。
が、今回は自分が舞台を経験した直後ということもあり、その視点は今までと違い、思うこと、感動は半端なかった。
いつも吾郎ちゃんやつよポンはこんな風に舞台を観ていたのか・・・
そして・・・こんな凄い舞台役者だったんだ、稲垣吾郎は・・・

その感動を伝えるために俺は楽屋へと急いだ。
終えたばかりの吾郎ちゃん。
今回の役はいつもと違いセットしてないくりんくりんふわふわの前髪降ろしの髪型で、それはそれで俺はいいと思うのだけど、本人は普段はいつもセットしないと気がすまないらしい。
その髪が汗で額にくっついたりして、普段なら「ギャ~ッ!」と言い、すぐドライヤーをひっぱりだしそうだけど、今は、やりきった脱力感プラス充実感いっぱい、の雰囲気。
それはとても綺麗な顔でかっこよかった。
「よかった、すっごい感動した」
「うれしい、ありがとう、観に来てくれたこともね」
「うん、終わったばかりのとこに、ゴメン。この感動だけ伝えたくて。これから『スマステ』だから、もう行かなきゃ行けないから」
「忙しいのにありがとう。あっ、『スマステ』は今日、『月イチゴロー』でしょ?」
「うん」
俺がそう言った瞬間、吾郎ちゃんが「ニヤッ」って笑った。
それはさっきまでの「男」の雰囲気を引きずっていた吾郎ちゃんじゃなくて、「月イチ」の稲垣吾郎だった。
「何かある?」
俺の問いには答えずに笑顔で
「楽屋にまで来てくれてありがとう。遅れるよ、さっさと行きな♪」

「スマステ」が始まった。
「月イチ」の順位、いつものように5位から発表される。
「5位は・・・『ハート・ロッカー』です」
えぇ~~~っ!!!
俺もゲストもスタジオ中が・・・そしてきっとTVの向こう側の人たちも驚いてる。
アカデミー賞一人勝ちの作品が・・・・・
でも評を聞けば納得してしまう・・・恐るべし稲垣吾郎・・・
結局俺は今回も順位を変えることが出来なかった。

「もしもし、吾郎ちゃん?」
「うん、慎吾?・・・どうだった?『月イチ』」
ドッキリを仕掛けたみたいにこっちの反応を楽しんでる吾郎ちゃんが俺の返事を待ってる。
「びっくりした!」
「でしょ」(笑)
「楽屋で汗だくの吾郎ちゃんが『ニヤッ』て、笑った意味がわかった」(笑)
「『汗だく』だけは余計だよ」(笑)




Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/566-41963686

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。