上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.24 5人が必要だ
吾郎ちゃんファンの正しいブログ活動としては、吾郎ちゃんやSMAPの出た数々の番組、メディアの感想をちゃんとタイムリーにあげること、だと勝手に思っているのですが・・・・・

感想をまとめるより、「空想」etc.をする方が激しくて・・・

今週はともかく先週の「スマスマ」とか、「GBMFL」とか「月イチ」とか~~~・・・・・
ちゃんと感想かけなくてほんとにごめんね、吾郎ちゃん。
いつも吾郎ちゃんは可愛くて、かっこよくて、コメント鋭くて素敵です。(こんなアバウトなまとめ方って・・・)
不埒なファンでごめんなさい。


ということで(?)、以下は現実のスマさん達とは違います。







「いいとも増刊号」
メンバーの中で吾郎の名前だけが、たまたま出なかった「金曜いいとも」。
そのことが気になって仕方がない中居はTVカメラ目線で呼びかけた。
「稲垣く~ん、君が・・・必要だ」


「ありがとう、中居くん・・・うれしかった・・・ちょっと恥ずかしかったけどね」
「おぉ」
素直に礼を言う吾郎にテレ気味に中居は返事をした。
「でもね、中居くん」
と、キラキラいたずらっ子みたいな眼をして吾郎は続ける。
「そんなに気を使ってばっかりいると・・・ハゲちゃうよ♪」
「だっ!・・・吾郎!!」
中居が怒ろうとした瞬間、吾郎がまっすぐ中居を見つめて真面目な声で
「僕も必要だから」
「はっ?」
「僕も、中居くん・・・君が必要だから・・・絶対」
カッ~~~!!!頬が朱に染まる中居。
・・・絶対ってなんだよ、絶対って・・・

中居が吾郎の言葉に固まっているとドヤドヤ、にぎやかに入ってきた剛と慎吾。
「中居くん!俺にも言って」
「俺にもちゃんと告白してよ!」
「お前ら、何だよ、告白って」
わらわら中居を囲む剛と慎吾は口々に「言って」と甘えている。
2人の後から来た木村は2人を援護する。
「吾郎だけじゃなく、2人も直接聞きたいんだって。お前からの『君が必要だ』」(笑)
「あれは、ちゃんと理由があんだろ、あの時に吾郎の名前だけが・・・」
その中居に吾郎も言った。
「2人にもちゃんと言ってあげて。じゃないと、僕が逆に恨まれそう」
と、続けて小声で
「でも僕が言ったことは内緒ね」
「お前っ!ズルイだろ、それ」
思わず叫んだ中居に
「そう、吾郎ちゃんだけ言ってもらって、ズルイよ」
「そうそう、俺達だって、必要なメンバーだ!」
「そのズルイじゃねぇんだよ、お前ら。もう、めんどくせぇ!!」

わちゃわちゃやっている3人を少し離れたところで面白そうに眺めている木村に吾郎は聞いてみた・・・それは答えが分かっている質問だったが。
「木村くんは言われなくていいの?」
「『君が必要だ』?・・・そんなこと、中居が俺に直接言うようなことがあったら、それこそ・・・この世の終わり、ってやつ?」(笑)
ふふ・・・だから、やっぱり僕たちはこの5人が必要なんだ。


Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/508-0d71568e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。