上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「世界水泳」とか「スマステ」とか書きたいことがいっぱいだけど、書くと長くなりそうなので、「空想」だけにします。
私のところは、「中居さんの野球討論」が放映されない一部地域になります。
もうすぐ、吾郎ちゃんが日本に帰ってくるために、メルボルンを発つのねナイス質問、慎吾くん


以下は現実のスマさん達とは違います。

「<マーメイドプリンス>って誰が考えたんだろう?」
「天才だよね、その人」
「はじめは、なんのジョークかと思ったけどな<マーメイドプリンスの稲垣吾郎です>って」
「憶えてる!そう吾郎ちゃんに言われたときの中居くんの顔」(笑)
「目が点、口あんぐり、頭の上はマークいっぱい、って感じ!」(笑)
「あんな中居の顔は久しぶりに見た」(笑)
「誰だって、ああなんだろ!<プリンス>って」
「でも、うちにはすでに一人居るけどナ」
「俺は<王子>!しかも呼ぶのはお笑いのキャイーンだし。松岡さんやアナウンサーの人に<プリンス>って呼ばれて、フツーに答えられるのは吾郎ちゃんしかムリ!」
「ウン、だからゴロさんを<マーメイドプリンス>って命名した人ってスゴイなぁ~ってことだよね」

「しかしどこの国の<プリンス>だよ」
「粘土の王国?」
「ろくろの王国?」
「どっちかっていうと、ろくろ?「ぷっすま」でも、おもちゃで最初に選んだし」
「俺と2人で居残って遊んだし。その時、木村くん、写メで吾郎ちゃん取りまくってた」
「珍しかったからナ」
「<可愛い>の間違いじゃない?」と3人は同時に心の中で突っ込んだ。
が、口に出すと、反撃が面倒くさいので、みんな黙っていた。
3人は見事に<シンクロ>していたのである。

「ろくろの王国のプリンスねぇ」
「吾郎ちゃんがちっちゃくなって、やきものの土の中に住んでるの
「プールでも「髪が~」とか言ってるのに土~?」
「じゃぁ、ちっちゃい吾郎ちゃんが、ろくろの上でシャンパンゴールドのスーツ着て、回ってる
「ブブブ・・、ジェットコースターも無理なのに、絶対目ェ回しながら、キーキー言ってるよ」
「なんで、こんなに吾郎ちゃんのことで遊ぶと楽しいんだろ
「ホント、<マーメイドプリンス>飽きねえな

これを聞いた中居が<悪魔の微笑>を浮かべた。
「まぁ、笑ってられるのも、今のうちだぞ、そこの2人」
この言葉に剛も<悪魔の微笑み>の意味を理解して言った。
「そうだよね、話題は尽きないのがSMAPだから。2人とも映画が公開されるもんネェ
「そう、覚悟しとけよ、思いっきり、遊んでやるからな、孫悟空!に、久生!」
「「ひぇぇ~~~」」
Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/45-69818f7e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。