上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出番は少なかったですが、かっこよかった舜くん。
中国語が話せるなら、ぜひ上海に行って欲しかったですが、この特技は何か25年前の事件と関係あるのでしょうか?
志摩野さんはサスペンスではなくヒューマン部門担当だったのですね。
苦労して、やっと妹に会えたのに郷ちゃんの身代わりに殺されるなんて・・・
秋本さん、すべての表情が怪しんですけど(笑)
どうして佐智絵ちゃんパパと繋がっているのでしょう?
「そんなに簡単に人を信用していいのか?」
過去の2人の間に何があってこんな言葉が交わされるのか?
郷ちゃんに試されてる舜くんは考えてます・・・その姿がカッコイイ。
2重スパイなのか?否か?・・・舜くんの心の中が謎です。
舜くん親父と舜くん・・・「似てないなぁ、いや、似てるか」と言われてます。
この言葉がこれからの展開でスルーされたら、どうしたらいいんだろう(いや、どうもしなくていいから)
結局今回も同じ感想です。
犯人は分からないけど、舜くんはかっこいい。

写真集は広末さんとかっこいい男優達の2種類出すべきだと思います。

DVD発売決定、早っ!
特典が問題ですね、こんなに早く決まるとは思ってなかったので、まだ要望HPにお願いしてない・・・



以下はドラマの舜くん達とは違います。
この7話で一番印象に残った会話。
(シーンでは舜くんが1人で物思いにふけっている綺麗な顔ですが、無言なので)

ギャグですので、ドラマの舜くん達のイメージを大切にされている方はご遠慮ください。





電話を終えた黒木舜の顔の前に郷田亮二の手が・・・
手の上には黒い物体がのっている。
「なんですか?これ」
「上海の土産」
黒木が手にとって見れば、真っ黒い石で顔のような形の置物(?)だった。
「郷ちゃんの顔?」
「なわけ無いだろ、どっちかというと黒スケだろ」
「どうして俺なんですか?」
「『黒』つながり」(笑)
「あぁ・・・そう言おうと思って、お土産物屋で黒いもの探して、適当に買ってきたんですね」
「バレた?(笑)・・・でも普通そうだろ。おれが黒スケの為に、何軒も店、走り回って土産探したら、それはそれで、おかしいだろ?」
同意を求めるような郷田の笑顔に、小首をかしげながら黒木は真面目な声で
「そうでしょうか?」

思わぬ黒木の反応に郷田がビックリする。
「へっ?」
「俺は探しますよ」
「はっ?」
「何軒でも店を回って、納得するとっておきのお土産」
「マジで?」
「もちろん」
「えっと・・・」
郷田は黒木の言葉を心の中で反芻してみる・・・それって、まさか・・・
それだけで女子職員から署内の重要機密を聞きだせるとウワサ(いや、事実)の魅力的な笑顔をして黒木舜はとどめの一言。
「そして、ありったけの思いを込めて渡します・・・」
「・・・う・・・そ・・・」

あまりのことに固まる郷田に黒木は言った。
「唯衣ちゃんに」
はぁ~~・・・唯衣かよ・・・驚かすな、まったく・・・・・・
思わずため息をついた郷田をからかうように黒木が顔を覗き込みながら
「どうしたんですか?残念そうですね」(笑)
「バカ!誰が残念だよ!これは安堵だよ、安堵!」
そんな郷田をますます面白そうに
「何を安堵したんですか?」
「!!!・・・お前、おれをからかったろ・・・」
「こんな訳のわかんないもの、買ってくるから」(笑)
と楽しそうに黒木は手の中にあるお土産をさすった。




Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/429-7589c64d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。