上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだかんだいって、メンバーは年下に甘いというか、優しいというか・・・、とか思っているうちに空想が・・・

以下は現実のスマさんたちとは違います。



「なんだかんだいってメンバーは年下に甘いというか優しい」と今日の木村は思っていた。
どんより重たい空気をまとい、寝たままではないかという顔で中居は無言のまま、入ってきた。
「おはよ中居~!俺もパリピアトリオのように、甘やかしてよ~
長年の付き合いだ。急に脈絡無くハイテンションの木村に動じることもなく、荷物を置きながら言った「パリピアトリオって?」
「ん、そこでまったりお茶してる2人と、畳で寝てるやつ」
「あぁ、静かだと思ったら、吾郎がドライヤーしてねぇのか」
「そういやぁ・・って、話がずれてる!」
「チッ!」(気付いたか)
「なぁ、中居~
「なつくな!ドラマ終わっても映画があるだろ!そのムダなエネルギー俺に向けるな、俺の「木村拓哉伝説」が崩れる!」
「じゃぁ、その「伝説」に加えてよ」
「ん?」
「中居に甘やかされてる木村拓哉
付けるな~!誰が加えるか、そんなもん!」
 ギャーギャー!

「傍から見ると充分甘いよね」
「うん、痴話喧嘩ってやつ?」
「ねっ
「「今日もスマップ、平和だねぇ」」

「おたくらも充分「スマップの平和」を体現していると思うけど」と心の中だけでまったりお茶してる二人につっこみ、2組の「スマップの平和」を感じつつ、眠りにつく我らが可愛い末っ子、慎吾。(でももう30歳!)

3様の「スマップの平和」はスタッフが呼びに来るまで、しばらく続くのでした。
Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/4-13ff73cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。