上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.10 女房役?
MBSで14日お昼に「Goro's bar」(未公開集)があります。
いつもと曜日が違いますが、人気投票にポチッとお願いします
(「とくばん」と違って、「Goro's bar」には優しいMBS、これで最初の5分を放送してくれたら、完璧なんだけど)

慎吾くんが「黒部の太陽」に主演するとか。
10月に撮るそうで、大阪のあと、空いていたのはこのため?
だったら、吾郎ちゃんはその間に「金田一」はいかがでしょう?
ほんとに会いたいです、「耕さん」


ムリヤリ感、ありありの会話の流れは書いた私が一番自覚しています。でも書きたい。(笑)
以下は現実のスマさん達とは違います。

「ツヨぽん、吾郎ちゃんが『SMAPの女房役』は僕だって言うんだけど、どう思う?」
「えぇ~?ゴロさん、前に何かで、俺のことを『SMAPの女房役』って言ってたじゃん」
「あはっ、そういえば…でもやっぱ、僕かなぁ~って」(笑)
「そんな~」
反論する剛と譲らない吾郎に慎吾が
「でも、中居くんじゃないのは確かだ」
「「?」」
突然出てきた名前に吾郎と剛は話をやめて慎吾を見る。
中居も
「なんでそこで俺が出てくんだよ?」
木村も無言で慎吾の言葉を待ってる。
「だって、女房だよ、女房って、奥さんでしょ・・・年中コタツで焼酎飲んで、野球中継ばっかり観てる奥さん・・・」
「わ~~っ、それヤダ」
「絶対、やだね、奥さんと言うより親父だもん」
慎吾の言葉にワイワイ楽しそうに盛り上がる吾郎と剛。
「でしょ、でしょ」
同意を得て勢いづく慎吾に吾郎が
「だったら、僕、木村くんがいい」
「はっ?俺?」
慎吾の言葉にちょっと吹きだしながらも人ごとだと聞いていた木村は自分が出てきたことにビックリした。
「だって、カッコイイし、セクシーだし、お料理上手いし、センスいいし、世話好きだし・・・」
「そうだね、そんな奥さんがいい」
「情にあついし、優しいし・・・」
「掃除好きだし・・・」
「歌、上手いし・・・」
「女装もステキだし・・・」

歌や女装は関係ねぇだろ・・・自分への褒め言葉が続くことに恥ずかしくなった木村が中居に
「あいつら、どんどん話がズレてる」
と声をかければ
「そんなこと、いつものことだ。だいたい、スマップに女房役はいない」
断言する中居に木村はちょっと不思議そうに
「そう?」
「スマップは野球チームじゃないんだ。キャッチャーである女房役なんかいるわけない」
「・・・・・あの・・・中居・・・さん・・・?」

どんどん話がズレながらも盛り上がって楽しそうなパリピアトリオと野球バカな答えを断言した中居を交互に見ながら、始めは呆れていた木村の顔がだんだん笑顔になっていく。
どんな、いたずらか、偶然か、はたまた運命か・・・
このメンバーでSMAPになったことに俺は何に感謝すればいいんだろ。
これまでの20年、そしてこれからの何十年、俺の人生は面白いことに満ちているのは紛れもなく間違いない・・・それはこいつらと一緒だから。

Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/313-b0dc3bbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。