上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.13 怖がり
福山さんがテレ朝の北京オリンピックオフィシャルカメラマンと主題歌決定、すでに水泳選手を追いかけ、取材も始めていると・・・・
テレ朝さん、他の競技はともかく、水泳は「マ-メイドプリンス」に任せて欲しかったな。
ご存じなかったのか?「マーメイドプリンス」は「イナーキー」でもあり、とってもいい写真を撮るという事を。(でも、女性しか撮ったことないけど・・・by Goro's bar)

かわいいかっこいい「スマスマ」の吾郎ちゃんの感想を書きたかったのに・・・
人は向いてないことをし続けると体力気力失われ続けることを実感しているここ数週間・・・
「観る」ことはできても「書く」という「ACTION」が起こせない・・・可愛い吾郎ちゃんの感想、書きたかったのに・・・・・・・


というわけで(?)以下は現実のスマさん達とは違います。





「ペケポン」収録後
「ああいう事で吾郎の面白さに勝てる奴はいないな」
何故か子供を自慢する親のような言い方で満足感いっぱいの中居に対し吾郎は
「ドS!」
「俺はちゃんとヒントをやったぞ『ガンダム』って」
と木村が言えば慎吾は
「そのヒントから要塞の物真似をやっちゃうところが天然吾郎ちゃんパワー炸裂」
「だって、いつ落ちるかわからないから怖いもん、考えられない。僕の前の中居くんなんてやってる途中で落とされちゃったし・・・」
と言う吾郎の言い分に
「途中で落とすなんて、そんなもったいないことさせるかよ」
「そう、こういう吾郎は充分堪能しないとな」
と意気投合する中居と木村に吾郎は可愛く睨みながら再び
「ドS!!」
「まあまあゴロさん、睨んでもまだ目に涙ためたままじゃ、迫力ないって。これで拭いて」
「ありがと、剛」
「でもゴロさんで、かすんじゃったけど、実は慎吾も落下したとき、泣いたんだよね」
ギクッ!!
固まる慎吾と顔を見合わせる上3人。
「そこは触れてやるな、剛」
「そっとしといてやれ」
「僕と違ってキャラに合わないし」
その3人の言い方に
「ちょ、ちょっと、その憐れみに満ちたコメントは何?『俺のほうが吾郎ちゃんより、実は怖がり』みたいじゃん」
「その通りだろ」と中居。
「違ってねぇよな」と木村。
「いいんだよ、表向きは僕っていう事で」と吾郎。
「あぁ、だからずっと俺の背中にへばりついてたのか」と納得の剛。
「ち、違う!違う!違う!俺はSMAP1の怖がりキャラなんか、やだ!!」
大声で抗議する慎吾に
「だから、表向きは僕にしてあげるから
「うっさい!イナガキゴロー!」



Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/280-0b7b1f91

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。