上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.27 理解
「月イチGWSP」
来週は「スペシャル」という事なんですが、どんなスペシャルでしょう?
吾郎ちゃんを呼んでくれるのがホントのSPなんだけど。
でも「スマステ」は吾郎ちゃんに優しいから期待しときます

「知っとこ」
松島さんに「私の演技はどう思うか?」と聞かれて「・・・間がいいと思います・・・・ドラマじゃない感じの間が・・・・・きっと編集でちゃんとドラマらしくすると思うけど・・・・そのまま流して欲しいぐらい・・・・・」と言いながら汗をかいてる剛くん・・・・・・・きっと、(いい答えが浮かばない?)質問にどう答えたらいいか、あせって考えてたんだ

「お気楽」
剛くん、まだ言えないお仕事があると・・・・
うらやましい・・・・吾郎ちゃ~~~~ん、どうなってますかぁ~~・・・
私がプロデュースの才能があればなぁ・・・・・ゴルフなんてさせないぐらい(笑)、次から次に仕事みっちり入れちゃうのに・・・・・今の吾郎ちゃんにしか出来ないこと、いっぱいあると思う・・・・・・

「ポポロ」
剛くんの慎吾くんへの言葉はすごい「殺し文句」
こんな風に言える人、言われる人に出会えることが幸せ
中居さんの優しさはいつもさりげなく、相手に負担をかけない・・・そんな中居さんが好きです
「吾郎さんとは2人でよく食事に行く」
「2人で」は私は勝手に「2人っきりで」に脳内変換されています
お食事会は実現したのでしょうか?3軒ぐらい予定の1軒ぐらいは行けてるといいね


以下は現実のスマさん達とは違います。







「俺はわかってるけど、ツヨぽんは俺のこと、『全人類で・・・』って言えるぐらいわかってる?」
剛の「慎吾は全人類の中で一番俺のとこを理解してくれている」という雑誌の言葉がうれしくて、慎吾は逆に剛に聞いてみた。
「う~~ん、慎吾は天才でブッ飛んだとこがあるからさぁ・・・それに」
「それに?」
「なんかさ、慎吾と中居くんはすごいシンクロしてるなと思うときがあるしぃ・・・となると『全人類』じゃないしさぁ」
「あぁ・・・」
慎吾も剛の言う事がわかった。
なぜか中居とは、思うこと、思ってることがお互い理解できることが多い。
特ににわかろうとしなくても、自然にわかってしまう、と言ったほうがいいかもしれない。
だって、お互い知りたいときは「楽」だが、知りたくないとき、知られたくないとき、すらわかってしまうことがあるから。

「おはよう」
吾郎がやってきた。
と、剛がさっそく
「ゴロさん、俺今日ちょと時間あるから、前から約束してた食事、行こっ」
「ちょっと?・・・大丈夫?僕は急がないし、ムリしなくていいよ」
「だって、前から約束してるのに全然行けないじゃん」
ちょっと文句っぽく言う剛に吾郎は笑い、
「それは剛の都合じゃん」
「だから、その俺が行こうって言ってるんだから」
剛の強いお誘いに笑顔で
「いいよ。」
と、吾郎は慎吾に
「慎吾も行く?」
と聞いてきた。
「いや・・・今日はジモッピーと約束あるから」
慎吾の答えに吾郎が
「そう。残念だけど、また今度ね」
剛も
「じゃぁ、次回絶対行こうな、慎吾・・・・・で、どこにする?ゴロさん」
「何が食べたい?」
「今日の気分は・・・」
と、お店のチョイスに花が咲く2人。

ホントは約束なんてないけどね・・・・
慎吾は剛が吾郎と2人で行きたいと思っていることがわかった。
それは慎吾がジャマとかいう事ではなくて・・・前から約束していた吾郎との2人の時間を過ごしたいから・・・2人でいる時、3人でいる時、それぞれ楽しいが、今日の剛が望んでいる時間(もしかしたら剛自身も意識してないかもしれない)が吾郎との2人の時間であることが、慎吾には理解できた。
きっと、剛は慎吾がそのことに気付いて断ったとは思ってないだろう。
慎吾の言ったことをそのまま素直に疑うこともなく受け入れる・・・それが剛だし、そんな剛が慎吾は好きだった。

仲良くお店の選択を相談する吾郎と剛を見ながら慎吾は思う。
ツヨぽんに「俺と吾郎ちゃんのどっちを理解してる?」と聞いたら、どう答えるだろう?
「ゴロさんと慎吾?・・・どっちも独特の世界をもってるからなぁ・・・・もしかしたら、2人より、ユースケさんのほうがわかるかも」
とか言うかもしれない。
天然だからなぁ・・・・しかし、そんなこと言われたら、ちょっと凹むかも・・・ユースケさんに負けるなんて・・・
勝手に想像してブルーになる慎吾

そんな慎吾の様子に気付いて吾郎が声をかけた。
「慎吾?どうしたの?」
「腹が痛いのか?」
慎吾のブルーの原因(勝手になってるだけだけど)剛の言葉に吾郎は
「そんな・・・慎吾も、このごろバカ食いしないから、違うんじゃない?・・・眠い?」
「あっ、そっちか・・・飲みすぎ?」
「それかも」
心配しながらも、あくまでマイペースの2人は慎吾の大人しい原因を話し合う。
そのマイナスイオン放出中の2人を見ながら
・・・あのさぁ・・・そこの天然コンビ・・・食いすぎとか、眠いとか・・・いったい俺をいくつだと思ってんのかなぁ・・・
でも自然に顔がほころんでくる。
俺のこと、わかってくれてるようで、わかってないようで・・・でもわかってるような・・・・よくわからないけど、そんな2人が大好きです。

Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/260-8234f8a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。