上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Tarzan」ヒガシさんのフルヌードより、「世界仰天」の最後に服をめくってチラ見せした中居さんのお腹のほうにトキめく
「Tarzan」吾郎ちゃんだったら・・・と想像するのも難しい(笑)
そういえば、この間木村さんがラジオで「吾郎が裸NGだから」と言ってたような(いつものレポ読みですが)・・・木村さん、見せたくないのか?吾郎ちゃんの裸(笑)


「anan」「BOAO」
見ました、木村さん。「POPEYE」はまだ・・・
やっぱり、ハズレがないですね、動きがあるのも、ないのも、女性と写ってるのも、かっこいい。
「BOAO」は切り取って保存できるの?面白い構成
インタビュー「赤ワインは好きでよく飲むけど、薀蓄がないので基準は値段」
すぐそばにいるでしょ薀蓄いっぱい語れる人が
なぜ聞かないのか?不思議な関係・・・・


以下は現実のスマさん達と違います。

「聞いてくれればいいのに」
突然の吾郎の呟きにも木村は驚かない。
何の話なのか想像がつくからだ。
「赤ワイン?」
「そう・・・僕がワインに詳しいの、知ってる?」
知らないほうがおかしいだろう、わざと聞いてくるのは、ちょっと、あの記事が悔しかったのか?
「だって、お前、俺が赤ワインに氷入れて飲むっつたら、『ありえない』って顔したろ」
「それはありえない」
木村の言葉に吾郎はキッパリ。
「それもワインに対する知識が増えれば出来なくなると思うよ」
「・・・おいしいのに」
吾郎の言葉にちょっぴり逆らってみるが、吾郎は揺るがない。
「理解が深まれば、もっとワインがおいしくなるし・・・」
「・・・そうだろうな」
吾郎のいう事はもっともだろう、知識は得にはなっても邪魔にはならない。
「受講料は取らないよ」
「おっ」
「おっ・・・て、始めから払う気もないでしょ(笑)、でもワイン代は木村くん持ちね」
「おいっ、そこが高いだろ」
「ただのものは身につかないよ」
吾郎の一理ある言葉に苦笑しながら
「2万円以下のワインの知識ばっかり増えそう」
吾郎も苦笑しながら
「最初はそれで充分だけど、でも知識が増えれば、もっと高いものにも挑戦したくなると思う」
「その差額は吾郎持ちって事で」
「そっちのほうが高くつくよ・・・でもワインはいろいろ味わって欲しいな・・・色、香り、舌ざわり、味、喉を通るときの・・5感をすべて使って、感じて・・・」
「・・・なんか、お前に口説かれる女の気持ちがわかる気がする」
「?」
Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/252-b9d7eeaf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。