上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Goro's bar」
東京ではSPで村上さんの結婚や花見とタイムリーな内容だったみたいですが、こちらは「Mがいいの!!」とオーナーが叫んだ回です。
楽しそうに笑うオーナーが可愛い。
この番組の雰囲気そのものが好きです、癒されます。
しかし、こちらでは、来週は放送がないし、この1ヶ月はTV誌ではSPがないような・・・・・

「ぷっすま」
「自分のいい所をあげよ」と言われて真っ先に「SMAPであること」と言う剛くんが大好きです。
ユースケさんの答えに剛くんへの愛を感じました。




以下は現実のスマさん達とは違います。


慎吾が吾郎のところにきた。
同じ楽屋の剛はハードスケジュールのため、今、帰ったところ。
「吾郎ちゃん、自分のいいとこ、言ってみて」
「自分のいいとこ?…顔?」
「おいっ!・・・真面目に答えてよ」
ちょっと、キレて慎吾が言えば、吾郎が楽しそうに
「何?心理テスト?」
答えを言わず逆に質問してくる吾郎に呆れ顔で
「質問してるのは俺・・・なのにごちゃごちゃと・・・なんで答えをすぐ言わないの?」
「だって・・・慎吾のこういうのって裏がありそうなんだもん」
小首かしげて、可愛く言ってる吾郎に、おもわずため息。
・・・裏って・・・俺のこと、ホントどう思ってんだよ、吾郎ちゃんは。
「ないよ、裏。素直な質問、だからちゃんと答えて。もう一回聞くよ、自分のいいとこは?」
「う~ん・・・」
今度は真面目に考えてる吾郎、そして口を開いた。
「・・・スマップ?」
その答えを聞いたとたん、わが意を得たり、と言わんばかりの顔で、慎吾が爆笑して
「重症」(笑)
逆に吾郎は慎吾のその反応にむくれ顔だ。
「ちゃんと、答えたのに『重症』ってなんだよ」
「だって、ホント『重症』だって、俺達」
「俺達?」

『ぷっすま』の罰ゲームで「自分のいいとこをあげよ」というのがあった。
剛が一番に言ったのは「スマップであること」
テロップには「メンバー頼み?」と出たし、共演者からは「なんでそんなに悲観的なの?」と言われていたが、観た慎吾は全然違う感想だった。
「いい人」とか「弱音を吐かない」とかそんな自分自身のどうこうよりも、剛にとって、まず「自分のいいとこ」は自信であり、誇りである「スマップであること」なんだ。

「吾郎ちゃんの前にさ、メンバーみんなにしたんだよ、その質問」
その慎吾の言葉を聞いて、察しのいい吾郎は合点がいって、笑顔になった。
「みんな、同じ答えだったんだね『スマップ』」
「そう、俺達かなり『重症』でしょ?」
嬉しそうに笑う慎吾に
「相当だね」
とやっぱり嬉しそうな吾郎、そして慎吾が
「今夜は・・・」
と言いかけたら、吾郎が続けて
「いい夢、見れそう」

「ちょ、違うよ、吾郎ちゃん、『いい酒飲めそう』だよ!なんだよ、いい夢って・・・どこのじいちゃんだよ。こんなときは『慎吾、いいお酒になりそうだから、飲みに行こうか?』ぐらい言うでしょ、普通」
あわてて言う慎吾に、吾郎は言われて気づいたようで
「あっ、そっか、そっちね(笑)慎吾はまだ寝る時間じゃないもんね」
「そーだよ、っていうか『じいちゃん』以外、まだ寝ないよ」
じいちゃんを連発する慎吾に吾郎は面白そうに
「で、その『じいちゃん』に奢らせる気?」(笑)
その言葉に慎吾は
「別に・・・奢ってもらわなくてもいいけど・・・せっかくドラマ終わったんだし、行こうよ」
末っ子モードでおねだりしてる慎吾は可愛い。
吾郎は、ちょっとからかうように、でも嬉しそうに
「やっぱり、『裏』、あったね」
「裏じゃなくて、話の自然な流れでしょ、『素直な慎吾ちゃん』なんだから」
ちょっとあせる慎吾に、『じいちゃん』のお返しとばかりに、とどめの一言を笑顔で言う吾郎
「だって、結局『デート』のお誘いだったじゃない」
「誰がデートだよ!言葉おかしいよ、吾郎ちゃん!」
「顔、赤いよ、慎吾」(笑)


Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/246-6eed9b51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。