上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「佐々木夫妻の仁義なき戦い」最終回
終わり良ければ、全て良し、ってことで。
クリクリ癖毛黒髪の明日くんの手をノリくんと律ちゃんが繋いで歩く姿を観たら、「これでよかった、別れなくてよかった」って思った。

裁判所の吾郎ちゃんの演技はすごかった。
愛情に満ちたとても優しい泣き顔がステキだった。

突っ込みどころは最後までいっぱいあったけど、もう書かない。
信ちゃんも桜庭きゅんももっともっと前の回から、活躍して欲しかったな・・・ほんとこの3人で「イケメン弁護士物語」やって欲しい、こんどこそ、弁護士活躍のストーリーで。

結局「究極の愛」はベタだけど大切なこと。
「ケンカはくだらない・・・けど、相手のことを知り、自分の事を知り、もっともっと相手のことを好きになる」

以下はちょっと辛口
この結論のためにあの耐えがたい言葉や態度は必要だったでしょうか?
「悶々」と1週間考え続けなければならないほどのモノを見せられ続けていたのはなんだったのか?
演じるものも観るものも気力体力使い果たすぐらいのあのシーンの数々が不可欠だったとは思えない。
むしろ、このラストをもってくるなら、1話テイストのを続けていたほうが、このラストは充分納得できるし、開始前の「ラブコメ」といえたのに。
最終回にケチをつけるわけではなくて、逆にこの最終回を生かすために途中にケチをつけてます(笑)

だって、最後は可愛くてちょっと意地っ張りの愛すべきノリくんと律ちゃんにもどってた。
裁判所で苦手だった愛情表現をちゃんと出来たことがこの2人の成長。
この成長を観るために10話がんばってきた、そして、すばらしい演技でそれを表現してくれた吾郎ちゃんと小雪さん。

ノリくんと律ちゃんと明日くん、信ちゃんと猪木さん、桜庭キュンと恵ちゃん、馬場さんとどっちかのお母さん(?・・・馬場さんは明日くんのおじいちゃんになるか(笑))、蝶野さん一家、みんなみんなお幸せに。


お疲れ様でした。
また、吾郎ちゃんと共演してほしい方々ばかりです。
吾郎ちゃんは「ブログ」によるとプライベートを満喫しているようですが、「鬼ファン」としては、それは去年に今年の分も満喫したと思うので、ビジュアルがステキな今のまま、次のお仕事に突入してください、よいお仕事ニュース、お待ちしています。


感想、もっとはやくあげるべきだったのでしょうが、「ドラマ」が終わって、「虚脱感」「脱力感」「喪失感」・・・?
もう、日9に吾郎ちゃんというより、ノリくんに会えないんだ・・・・・
と、何も書けませんでした。

このブログが始まって、初めての吾郎ちゃんの「連ドラ」。
番宣含め、毎週、楽しみに(じゃなく大変なときもあったけど)観て、ブログを始めていたから出来たBBSへの投稿とか、ブログで感想書いて、空想まで書いて、それに拍手やコメントまでもらって・・・私にとって初めてづくしの「連ドラ」が終わってしまった・・・

ここまで、シーンの1つに、1つのセリフに考えさせられて、悩んだドラマはなかったです。
コミカルな吾郎ちゃんもシリアスな吾郎ちゃんも堪能したドラマです。
そんないろいろな思いを、このブログで書くことが出来たました。
このドラマがブログを始めてから、始まったことは私とってはラッキーでした。
特にノリくん達が「空想」で話し始めたことにはビックリです(笑)
「感想」や「ノリくん空想」にたくさんの拍手、コメント、ありがとうございました。
終わってしまえば、とっても充実した期間でした。

すっかりノリくんがぬけて、ゴルフ楽しんでる吾郎ちゃんを見習って、私も次の吾郎ちゃんのお仕事のニュースに備えて、がんばります。
(とりあえず、DVDとノベライズ本が当たるよう、せっせとハガキを書きます。3/30消印有効です。)

Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/241-d1a33fdc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。