上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「がんばった大賞」
今回は「生」なんだ・・・ハラハラドキドキ
汗を拭き吹きがんばってる剛くんが一番「がんばった大賞」
ゴリさん、剛くんへの突っ込みは加藤さんのように優しくしてね。
慎吾くんを見て、安心しすぎて、あせって、「薔薇のない花屋」を噛んでしまった剛くん。
しっかりものの弟慎吾くんとダメダメアニキの剛くんが可愛いな






久々「スマ空想」です。
題名「クランク」をつければわかりやすいかと・・・・内容は相変わらず、まったりと会話のみ。

「うたばん」の会話からのみです。

以下は現実のスマさん達とは、違います。

「うたばん」の収録が終わり、剛と慎吾はあわただしく、それぞれのドラマの現場へと戻っていった。
中居は「うたばん」スタッフのもとへ行き、楽屋に残ったのは・・・・・この2人。

荷物を片付けながら、木村が吾郎に声をかけた。
「クランクアップ、おめでとう、お疲れさん」
「ありがとう。木村くんのほうは大丈夫なの?まだクランクインしてないなんて」
「大丈夫か?って聞かれてもなぁ・・・俺にはどうしようもない」
「心配だよ、とっても」
それを聞いて、木村は
「放送には間にあわせるよな、絶対。まぁ、お前が俺のドラマのスケジュールを心配する必要はないだろ?」
すると吾郎が真顔で
「僕が心配してるのは木村くんの体。これから、タイトなスケジュールで撮影して、体壊さないか、心配してるの」
吾郎のストレートな言葉を聞いて、木村はちょっと顔が赤くなる。
・・・こいつの場合はマジだからな。
まだ始まってもないドラマの撮影での木村の体調を心配するのは、吾郎自身がハードなドラマの撮影が終わったばかり、ということも関係しているだろう。


「また、なかなか行けないね、木村くんとゴルフ
木村の気持ちを軽くスルーしていく天然吾郎は、次の話題へ。
雑誌の取材で木村が「時間があれば、吾郎とゴルフへ行きたい」と言っていた。
そんな天然吾郎に慣れてる木村も吾郎に答える。(というか、顔が赤くなってるのを吾郎に突っ込まれるほうが木村は困る)
「お楽しみは先にあるほうがいいってことだな」
木村の言葉に嬉しそうに吾郎は
「じゃぁ、その「お楽しみ」のためにドラマ、体調管理して、頑張って
「なんだよ、それ。俺、吾郎とのゴルフがドラマ頑張る「糧」?」
笑い出す木村に吾郎も笑いながら答える。
「そうそう」
「なんか、ショボイ糧だな」
「ひどい」

楽しげに会話していた木村がふと
「吾郎、すぐにもゴルフに行きたいだろうけど、2週間ぐらいガマンしたら?」
「?」
「それぐらい、まだ飛んでんじゃねぇの?花粉」
今年花粉症デビューしてしまった吾郎を思いやっての言葉。
心配そうに見る木村に吾郎はフニャと笑顔で
「心配してくれて、ありがとう」



「ねぇ、木村くん。ゴルフってマスクしてプレーしてもいいのかな?」
「お前、やっぱり行く気か
「めざせ『フジサンケイクラッシック』
これも雑誌の取材で木村が「ゴルフ好きの吾郎がいつか『フジサンケイクラシック』にでれば」と答えていた。
「本気にしなくていいから。吾郎」



Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/237-7b2dc95d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。