上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「9話」
7、8話より、落ち着いて観れた今回。
その理由の1つは、ノリくんのそばにいつも信ちゃんがいてくれたから。
前回までの、すべて律ちゃんの味方、正しいことを言っても孤軍奮闘のノリくん、ではなかった。
この形をもっと前からしていてくれたら、もうちょっと穏やかに観れたと思います。

2つめは喫茶店で、律ちゃんに「あなたのやり方はひどい」と私が言いたいことを桜庭くんが言ってくれたから。
やっと、正論を律ちゃんにぶつけることが出来る人が出た!
まさかそれが、あの面々の中で桜庭くんだとは思いませんでしたが・・・こめんね、桜庭くん(笑)

「彼のやり方はひどくないの?」
妊娠したこと、中絶することをノリくんに一言も言わないで、関係ない男(でもないような10話の予告だったけど)には話して、病院まで車で送らせて、その男に「迷ってるなら、やめときな」まで言われるような律ちゃんから、赤ちゃんを守る術としてノリくんの考えたことは、まだ律ちゃんの行動よりは共感できると、私はずっと思ってる。
ストーカー行為をでっち上げ、生まれてからずっと8ケ月も明日くんに近づけず、抱かせず、その上で、「私一人で育ててるんです」は勝手でしょう。
子供のことを考えてこの行為なのか、自分のためなのか?
子供に危害を及ぼす危険がノリくんにあるわけでもなく、父親としての権利は何もないものなの?
このほうがよっぽどひどいやり方だと思うのですが、離婚訴訟中とはここまで出来るものなのでしょうか?
生後1週間の新生児をむやみに外に出してはダメだと思うよ、律ちゃん。
裁判見に来る融通のきくお母さんに見てもらってた方がよかったと思うな、最低生後1ヶ月までは。

3つめは、ノリくん、信ちゃん、桜庭きゅん(この「きゅん」は山本さんのアドリブでしょうか?かわいい桜庭くんにピッタリ)の3人の場面が多かったことです。
この3人だと、とっても落ち着いて穏やかにそしてキュンと観れる。(やっぱり、3人ともかっこいいのでキュンとなります。)
もうこの3人で「イケメン弁護士事務所」作ればいいじゃん、と思いました。

1歳にならずして掃除好きの明日くんが可愛い、「血は争えない」ということでしょうか?
律ちゃんがどう引き離そうとしても、明日くんはノリくんの子供だと。(なんだか、予告はややこしいことになっていましたが)
どんな「究極の愛」が待っているのでしょう・・・・・・

「現場レポート」で江波さんから「感服しました」とべた褒めされた吾郎ちゃん。
その吾郎ちゃんの演技、今回も堪能しましたが、最終回、とっても楽しみにしています

でも、寂しい・・・あと1回で終わりなんて。
なんだかんだと文句、感想言いながらも、週1回「役者吾郎ちゃん」を堪能できた間はとっても幸せな期間なんだと剛くんの予告を観て実感しました。
寂しいけど、この幸せは今度は剛くんファンにバトンタッチ。
で、吾郎ちゃんファンとしては「映画」か「金田一」で「役者吾郎ちゃん」をみるため、「ハチドリ活動」頑張ることにします


Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/236-a1eb4270

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。