上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ホントに・・・」へのコメント、拍手コメント、ありがとうございます
お返事、大変、遅くなりました。

そして、来てくださる方、いつも、拍手、ありがとうございます。なかなか、お礼をいう機会がないので、今(ついでみたいですが(笑)心から、思ってます

世間は新曲、そのPVの話題。
そして、今日の「Mステ」に本人達以上に(笑)ドキドキしているというのに。

時間が経ったので、もしかしたら、コメントと違った見方となっているのかもしれませんが、いかがでしょうか?
私は・・・変わってないです(人に聞いておきながら(笑))

BBSや他の方の感想なども読みました。
4話と同じように律ちゃん派の意見や、ドラマとして見ごたえがあったという意見も読みましたが、それは「どうしてもあの言葉」でなくても、出演者の演技力があれば成立しうるものだと思い、やはり・・・・・
ドラマのセリフ、そしてキャラになぜこれだけ考えなければならないのか、自分でも不思議ながら、それはやっぱり「吾郎ちゃんのドラマ」だからですよね。
より良い作品に出て欲しい・・・7話で吾郎ちゃんのそのすごい演技を見せつけられたから、ますます、そう思って、余計に「律ちゃん」について考えてしまいました。
だから、お返事と言いながら、「律ちゃん考」になっている気がします。

遅い上に、お返事になっていないなんて・・・・・・・・・・・「以下」にします(笑)



   「Goro's bar」が始まった・・・・・吾郎ちゃんが可愛い「バービーボーイズ」と言ってる・・・(何週か遅れなモノで)・・・・



>3/3 10:24 にコメントを下さった方へ
「全面賛成」ありがとうございます☆
あの律ちゃんの言葉の数々はショックでした。
「今晩、1戦・・・どう?」の次のシーンにパジャマ着込んで寝てる2人を映すほどの「日9」が、これはOKなの?家族みんなで観てよいと判断したのかと・・・・・

そうか、Pがいましたね。一番偉い人・・・(は、スポンサー?・・・)
私も勢いで書いたので、全然OKです、むしろ、早いコメント、嬉しいです・・・・・なのに、お返事、遅くて、ごめんなさい。

最後に「空想」に褒め言葉、ありがとうございます♪
書いているときは吾郎ちゃん始め、出演者の方々に「演じて」もらってるつもりで書いてます(笑)♪


>さくらさまへ
もう、「リピ」は出来ましたか?
私は、まだ出来ません。

吾郎ちゃんの演技はすごいものがありましたね。
吾郎ちゃんを観続けてきた私(というほど、吾郎ちゃんファンの中では、長いファン暦ではないですが)でも、「いつの間にこんなすごい役者に」と驚くほどに。
そして、あのセリフがこれほどインパクトがあるのは、小雪さんもすごい演技をしてるからで。
その役者さんたちの演技を、すばらしく伝えてくれているスタッフの力量も、すごいのではないかと。
つまり、脚本がどうであろうと(暴言)、現場の人たちは恐ろしいぐらいベストを尽くして、このドラマを作っているという事だと私は思いました。

それが報われる最終回で、あってほしいですね。(8、9話は・・・・・・・・・・ね・・・・)


>3/4 00:31 にコメントを下さった方へ
「同感」、嬉しいです。
たしかに、4話も律ちゃんの言葉は「?」でした。
でも、5話、6話と観て、私なりに律ちゃんを「恋愛ベタ」と良い様に解釈して、「空想」にしてみたんですが・・・、もうムリです、同じです、律ちゃんに共感することは出来ません。

私なりに考えて、達したことは律ちゃんは「子供」です。
仕事が出来ることと、性格は別物。
32歳という社会人として、女性として経験を積んでいるにもかかわらず、彼女の言動は「子供」、それもかなりわがままな。
「愛人の子」という家庭環境があると、脚本は言いたいのかもしれませんが、お父さんは小さい律ちゃんと会っていたみたいだし、お母さんは律ちゃんに愛情を注いでいたように思います。
事務所の人たちもどっちかというとノリくんよりは律ちゃん派だし(お金のことだけでなく)、ノリくんも愛してくれていたと思います。
猪木さんも7話でひどい言葉を言われた後も、友情たっぷりだし・・・
みんなから愛されているにもかかわらず、というか、自分は愛されて当たり前。
やさしくされれば、すぐ機嫌がよくなり、傷つけられれば、すぐ泣く、わめく。
自分が傷つくことには、すごく敏感で許せないのに、人を傷つけることは平気で口にする・・・というか、人が自分と同じように傷つくという事まで、理解してないのでなはいか?
そう考えると、まるでわがままな子供の言動そのものだど、解釈しました。
そんな律ちゃんにノリくんは、どう対応していくのか?
月刊TV誌にあるような「究極の愛の最終回」になってくれることを祈るばかり・・・・・

顔を殴ったらお腹に支障が出るのかは私にもよく分かりません(笑)・・・が、ノリくんの反論が自分の事ではなく、赤ちゃんのことばかりだったので、律ちゃんにないがしろにされた赤ちゃんのことを庇う一言のほうがいいなぁと思って、あの言葉を書きました。

また、通りに来て(?)ください☆

Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/230-424ab98b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。