上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「タモリストラップ」を見ながら仲良くしている(あくまで私の空想で)、吾郎ちゃんと剛くんを書いていたら、慎吾くんも登場させたくなりました。(パリピアトリオバンザイ)





年中小春日和モードの楽屋のドアをノックもせずに入ってくる男
「おっはよ~
「あっ、慎吾」
「おほよう慎吾、今日は元気だね」
「今日『は』」というところがメンバーである。慎吾がいつもいつも世間のイメージ通りでいられるはずがない。疲れているときには疲れた顔を・・・『素』の慎吾を知っていればこその言葉だ。
「分かる~?この頃よく眠れるの。おかげで例の黒ウサギも出てこないし」
「それはよかった、〈黒ピョン〉出てこないんだ」
「ちょっと、何それ?〈黒ピョン〉って!」
「ダメ~?〈黒ピョン〉、かわいいでしょう?」
「かわいいとかの問題じゃなくて、なに人のウサギ(しかも架空)に、勝手に名前付けてんの
ほんと、天然だよ、ゴロちゃん。世間はそのスタイリッシュな外見に
惑わされてるけど、勝手に人のウサギ(しかも架空)に名前付けてるなんてありえない。
「へぇ~、あのウサギ、〈黒ピョン〉っていうんだ
「いわないから何を聞いていたんだ、クサナギツヨシ
いた!!SMAP最強の天然男!!つよポンがいるから、ゴロちゃんの「天然」が広く世間に行き渡らないんだ。
「かわいいよね、〈黒ピョン〉」
「ねッ」
「「ねッ」じゃない!人のウサギ(しかも架空)に名前付けるぐらいなら、飼い猫の2匹の名前教えてよ
「ダメ~それは教えな~い
「教えな~いねッ
「「ねッ」って、何?つよぽんは知ってるの?」
「知らな~い
「知らないのに「教えない」って、何?」
「ネッ
「ネッ

なにが楽しいのか「ネッ」「ネッ」を繰り返しながら笑いあう2人を横目に見ながら
「神様、今日、この楽屋に来たことが間違いだったのでしょうか?」
と、わけのわからな懺悔をはじめる慎吾であった。




・・・私の中の剛くんはオトコマエなのです。なのに吾郎ちゃんと一緒だと「乙女度」全開なのはナゼ?・・・
Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/13-8187017a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。