上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.18 千秋楽
「魔法の万年筆」
私の感想等はまだとても書けそうにありません。
楽しかったです。
吾郎ちゃん始め、みなさんとてもお上手で、吾郎ちゃんが好きな「舞台の良さ」を体感することが出来ました。

演者と観客が時間を共有し、演者の芝居に観客が笑ったり、拍手したりして、それを感じた演者がまた芝居に反映させて、それを観た観客が・・というキャッチボール、共鳴し合って、最後は「たった一つのこの時間の舞台を造り上げたんだ」という演者と観客の感動と共感。
この感覚が「映画」や「テレビ」とは違う、「舞台」の醍醐味と「参加」して実感しました。

吾郎ちゃんは可愛くて、かっこよくて、愛すべき「パーカー」でした、吾郎ちゃんだからこその。ひどい男のはずなのに(笑)
共演者の方は皆さん芸達者で、どんどん乗せられてしまいました。
ごめんなさい、うまく書けません。
時間が経つにつれて、ますます思いがあふれてきて、言葉に出来ない・・・

「友達を吾郎ちゃんファンにしてきます」と意気込んで臨んだのですが、観終わると「吾郎ちゃん」という言葉を言っても「ヤバイ」ぐらい私は「生ゴロウちゃん」と「舞台」に感激してしまったので、観る前の予想と違い「無口」になりました。
だから「吾郎ちゃんよかったね」とプッシュ出来ませんでした
でも、友達は「最後、手を振ってる吾郎ちゃんが近く感じてうれしかった」と言ったので、すでにファンあとチョットこれからジワジワ(笑)せめていこうと思います。


とうとう、今日が千秋楽ですね。
今、14時です。
始まったでしょうか?

観に行けないのに、こんなにドキドキするのはどうなんでしょう?
このドキドキは観に行く前のドキドキとは別の種類のドキドキだと分かってます、「パーカー」に会ったからこそのドキドキ。

1ヶ月超も(稽古を入れればもっと)演じてきた「パーカー」と決別するというのは、吾郎ちゃんはどんな感覚なのでしょう。
私ですら「パーカーともう一度会いたい」と思ってしまうのに、1ヶ月超一緒だっだ「パーカー」と今日で離れること・・・。

日々成長していった「パーカー」なので、集大成、吾郎ちゃんが達成感でいっぱいになる「パーカー」を演じてください。

満足感いっぱいの素敵な笑顔で千秋楽の締めのご挨拶が出来ますように、心から祈っています、吾郎ちゃん
Secret

TrackBackURL
→http://fuwamomo56.blog94.fc2.com/tb.php/105-89649e93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。