上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、無事に稲垣吾郎、中越典子2人芝居の舞台「ヴィーナス・イン・ファー/VENUS IN FUR」東京公演千秋楽を迎えました♪

長い公演、お疲れ様でした。
評判上々のようで♪

今週27日より、大阪公演が待っています。
東京公演千秋楽より、数日空いてしまいますが、素敵なお二人が体調、モチベーション整えて来阪されるのをお待ちしております♪


「SD慎吾」
スマステ前に吾郎ちゃんの舞台を観劇した感想を書いてくれています。
この頃「稲垣吾郎ファン」を公言してくれる慎吾くん。
まだ、一度も舞台を観ていない私も慎吾くんの感想の言葉がうれしくて、読んで泣きそうに。
ありがとう、慎吾くん。
そんな慎吾くんと慎吾くんにそう言わせた舞台を演じた吾郎ちゃんがいるSMAPのファンでよかった(*^^*)。

待ちに待った舞台「ヴィーナス・イン・ファー/VENUS IN FUR」、慎吾くんのおかげで、ますます、観劇が楽しみ♪


スポンサーサイト
今夜10時から「TAKE FIVE」最終回です。
お見逃しなく♪

先週、岩月くんが帆村先を逮捕して、裏切りともいえる態度に出て、面白くなってきました♪
やはり、敵役が魅力的でなければ、話が盛り上がりません。
これは「十三人の刺客」で吾郎ちゃんが暴君を演じたことで、立証済み♪
岩月くんほど、冷静な瞳で冷たく言い放つ佇まいが似合う魅力的な人が敵に回った(かも?)なことで、主人公たちもこのピンチにどうする?と視聴者を引き付ける魅力を増してきました。

中盤の脚本は悪くなかったと思うのですが、キャストミスかな・・・と思うと悔しい。
あの人が伝説のTAKE FIVEの一員として登場したことで、「あれ?この人がメンバーでほんとに伝説?」と疑問を持たせてしまい、その疑問を解消する説得力もなく、その程度のTAKE FIVEが下地なら・・・と、せっかくの魅力的な今のTAKE FIVEさえも魅力半減してしまったように感じました。
またTEAM FIVEは5人も揃うとその独特の世界の存在感が半端なくて・・・。
お互いの魅力を消しあったのが惜しかった~~。

やはりこのドラマはその魅力的な個性溢れるTAKE FIVEのメンバーが活躍してこそ輝く♪
岩月櫂くん、素敵だ♪
その細身のスーツ姿が腰のラインを足の長さを余すことなく、魅せてます。
「トライアングル」で吾郎ちゃんが演じた同じ刑事の黒木舜くんもスーツでしたが、なぜかいつもパッツンパッツンで「もうワンサイズ上の吾郎ちゃんの体に合ったのを着せくれ~~」と何度画面に叫んだことか。(いや、性格はとっても可愛くて素敵なキャラでした。舜くん、スピンオフカムバック~~*^^*)
メガネも自身が選んだだけあってお似合い♪
「なんでもきちんとしたいたちなんで♪」もいろんな場面で使える万能な決め台詞♪
可愛いし、素直だし、かっこいいし、話し上手で、聞き上手♪

他のメンバーも個性豊かでみんな素敵なんだけど、ちょっと時間なくて書けません(^^;)

その魅力を今夜、ぜひ見てください♪

稲垣吾郎、中越典子による2人舞台「ヴィーナス・イン・ファー/VENUS IN FUR」が今日開幕しました。
おめでとうございます♪

観た方の感想はとても素晴らしいみたいで、とても楽しみです。
「番宣」のお二人はとてもリラックス、爽やかテイストでしたが、映った公開稽古でのシーン、ベッドに横たわる典子さんにロングブーツを履かせている吾郎ちゃんはとてもドキドキするものでした♪

いつも舞台が始まると思うことですが、長丁場、どうか事故や怪我、病気のないように、無事千秋楽まで演じきってください☆!


大阪は6月27日から。
新聞の一面広告もCMも番宣もないですが(ないですよね?私が見損ねてる?)。
WSはありました。TBS系だとおもって、「めざど」など見損ねてしまいた(あほ!)。
TBS系なら関西ではMBS系なのでしょうか?
何年経っても「ゴロウ・デラックス」をやってくれないけど、この舞台の宣伝は頼むよ~。
そろそろ「ちちんぷいぷい」あたりに出てくれてもよいと思うのですが(木村さんや中居さんも出てるし)、その前後のスケをみると無理でしょうか。
だって舞台中の真ん中の日に東京に帰って「音楽の日」に出演という。
剛くんの言葉通り「SMAPって大変なんだよ」。


【東京公演】
2013年6月8日(土)~6月23日(日)
Bunkamura シアターコクーン

【大阪公演】
2013年6月27日(木)~6月30日(日)
森ノ宮ピロティホール

シアターコクーンは当日券もあるみたいです。
大阪も問い合わせしてみてください。


舞台は吾郎ちゃんの言葉を引用すると
「挑戦的な作品。魅力的で衝撃的な脚本。しゃべるだけで震えるような美しい台詞」を演じて「お客さんと心を通い合い響かせ会いたい」
「何百人のお客さんがいても気持ちの中では一対一」
(『BEST STAGE 7月号』、『acteur 7月号』より)

どうですか?観てみたいと思いませんか?
舞台の吾郎ちゃんや中越さんと気持ちの上で一対一の刺激的な空間を共有して心響かせてみたくないですか?

ぜひ、吾郎ちゃんと中越さんのパワーバランスが変化する刺激的な2人っきりの舞台の世界を体感してみてください♪

私は大阪公演のみ行く予定なので、まだまだですが、今からもうドキドキ、ワクワク♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。