上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.11 舞台
「トラストいかねぇ」
章ちゃんの舞台を観ました。
(ほかのファンの方がどう呼んでいるのか知らないのですが、うちのエイターは「ヒナちゃん」「ヨコ」「すばちゃん」「丸ちゃん」「亮ちゃん」「たっちょん」「章ちゃん」と呼んでます)
作、演出が若い方だし、座長も若いので、舞台も若い感性があふれていました。
言葉づかいとか、スクリーンをつかって役柄紹介とか、幕間休憩なしで2時間ぐらいぶっ通しもところとか映画のような・・・。
思いやってるけど、素直になれない父と息子・・・笑わせるし、ほろっとさせるし。
最後の挨拶のぐだぐだ感も章ちゃんらしくて、可愛かったです。

当たり前だけど、吾郎ちゃんの舞台とは全然雰囲気が違います。

見比べて感じたことは、長年同じ演目を続けているものも数ありますが、やはりそのとき、その年齢にしかできない舞台もあるのだと。
だから、舞台が好きだという吾郎ちゃんにはできるだけ、その機会を逃すことなく、その時にこそできる役を演じられるように、板の上に立たせてあげてほしい。
今年は2回もその機会があって、ほんとにうれしい。

個人的には「泣き虫なまいき啄木」は今のところ、観れそうないですけど・・・大阪でもやって!!!(涙)。

章ちゃんが最後の挨拶で「地方でも舞台をやりたい。旅回りっていうんですか?(笑)なかなか現実にはむずかしいんですが」って言ってました。
それができれば、理想ですが・・・私は吾郎ちゃんには、SMAPとしてライブも、TVも、役者としての映画もやってほしいとも思ってるので(苦笑)

だから、観れない人の為に、そして、その時にしかできない生ものである素晴らしい舞台をDVDに残すというのも、大切なことだと思います。

吾郎ちゃんの舞台のDVD化も切に願っております。
よろしくお願いします☆!


(でもやっぱり、生で観たい・・・)



スポンサーサイト
「ブルドクター」
私は吾郎ちゃんが出てるドラマに関しては観る目が厳しくなってしまってるかもしれない。
きっとそれは吾郎ちゃんにいい作品に出てほしいという思いが強いから。

その私の厳しい目で観れば、「医療」始め、突っ込みどころは毎回満載なドラマですが、これは麗しい名倉准教授を堪能したもの勝ち♪
視聴率も好調でうれしい。

「ヒューマンドラマ」としてだんだん面白くなっています。
5話は、名倉准教授が麗し、麗し♪
名倉准教授を筆頭に男性陣は個性あふれる魅力あるキャラがそれぞれ味を出せてたから面白かった。
でも、主役の2人にどうしても共感できず。
石原さんはあんなにかわいいのに、どうして知佳はかわいくないのかな?
江角さんはいいけど、大達先生は理解できない。
しかし静かな独特の雰囲気に満ちた名倉准教授の麗しいこと♪(こればっかり)
アップや濡れた髪だけでなく、ため息すらきゅんとなる♪(ごめんね、壊れてて)

関西は再放送でまた会えた「こち亀」の白鳥麗次と「イケパラ」の北浜昇、そして今の「ブルドクター」の名倉潤之助、う~っ、どれも素敵だ~~♪!!!

名倉先生の、お泊まり希望の彼女に「僕が目を覚ます前に帰ってくれれば」という謎の言葉がこれからの名倉准教授のキーワードになりそうな・・・いったい彼の過去に何が?こうご期待!!
(全然違ってたりして・・・^^;)


以下はドラマの中の人たちとは全然違います。
「潤くん空想」となっていますが、名倉准教授以外出てません。
というか、名倉准教授も名前が一緒なだけの性格設定が全然違う別人(^^;)。
そして、後2人は誰?っていうほど、まったく別人(^^;)。
医者役を演じたことがあるのはこの3人かな?という私のファン歴短い中の知識なので、間違っていたらお許しを。
中居さんは直江先生か、夏目先生か悩んだけど。
木村さんのはちらっとしか観てなくて・・・先に謝ります。もうごめんなさい。
単に医者キャラの名前を借りただけで、ドラマのキャラとは全然違います。
ドラマオリジナルのキャラに思い入れのある方はご遠慮ください。
3人が医者だったらなぁという空想・・・というよりは名倉准教授の謎の言葉の解明(?)が浮かび、アホなその回答を書きたかっただけ(笑)。
だって書かないとこの美形医者トリオ、私の頭の中でずっとしゃべり続けるんです。(怪しい人な私・・・笑)

心の広い方のみ、お進みください。





2011.08.05 TVガイド
「満足度ランキングでわかった夏ドラマ7大ムーブメント」
「キャラが立っていたキーパーソンは?」の2位に名倉潤之助。
「独特の存在感を放つ名倉も大健闘」と♪

「スマ新」
勇気づけられる曲に吾郎ちゃんのソロを押してくれる剛くん。
いつもいつも吾郎ちゃんの名前を挙げてくれてありがとう♪
剛くんが吾郎ちゃんのことを思う存分語ってくれるという番組はないかしら。観てみたい、聞いてみたい。

「夏だ!映画だ!香取慎吾だ!」
「慎吾のメンバー別お気に入りMOVIE」
どのメンバーのも微妙なのは、これはわざとなのか?
慎吾くんの感性でいくとこうなるのかな?
中居さんのなら本人的には「貝になりたい」が一番だと思う。
木村さんのなら世間的にいけば「武士の一分」。
剛くんのは,体鍛えて確かにかっこよかったけど、私は剛くんは長髪より短髪が好き・・・そして私は「黄泉がえり」が好きです。(この柴咲さんの歌が好きっていうのもあるから。歌詞の日本語が美しい。)・・・私の好みはどうでもいい(笑)。
そして吾郎ちゃんの。
もうこれは慎吾くんのものすごい遠回しの愛情と受け取りました。
ここで「十三人の刺客」ではあまりにもありきたり。
世間的にはもう評価されてるので今更出さずとも。
それより「踊る3」を出して、犯人役をやっていたことをアピール。
「稲垣はSPドラマを経て出演」とちゃんと書いてくれてるので、「十三人の刺客」の悪役吾郎ちゃんに興味を持った人がこれを見て「犯人役あったのか」と興味をもってくれれば「鏡くん」も見てくれる人がいるかもしれないと。
そこまで考えてあえての「踊る3」にしたと・・・
他のメンバーのにもそれぐらい複雑な慎吾くんの深い思いがあるのかもしれませんが、私は吾郎ちゃんの分しか考え及びません(笑)。

稲垣吾郎は映画「十三人の刺客」で敵役を魅力的に演じています。
映画「踊る3」ではちょことしか出ませんが、囚人役「鏡恭一」を演じています。
そしてその鏡恭一の犯行はDVD「踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル」で堪能できます。
未見の方はぜひどうぞ♪


TVガイドとは関係ないですが、今週8月1日のお休みした慎吾くんの代わりに吾郎ちゃんが「いいとも」に出演しました。
すぐにレギュラーの方と馴染んで、出過ぎず、引っ込み過ぎず、的確なコメを残しつつ、最後の不器用なところを披露するという可愛さもありで無事慎吾くんの穴を埋める役をつとめあげました。
ビジュ良しキープ中でどのショットも素敵でした♪


以下は現実のスマさん達とは違います。
ポッと浮かんだ軽い会話。

2011.08.05 黒バラ
吾郎ちゃんが素敵すぎて、書きたいことがありすぎ♪

吾郎ちゃん、SMAPが活躍すればするほど、放置状態になるこのブログは前からのことなんですが・・・それにしても今年はひどすぎる・・・先月は1回しか更新してない(汗)。

まずはこれを。

「黒バラ」
やっと関西で吾郎ちゃん登場♪これから5週はもう中居さんと吾郎ちゃんの楽しそうな笑顔が見放題♪
しかし男性陣はともかく女性陣の人選はどうだろう?意見は参考にはならないでしょう、結婚生活を長く続けた人の話を聞かないと。

中居さん、吾郎ちゃんのそばを離れず、触りまくり、突っ込みまくり、もたれかかったり・・・ずっと笑顔満載。
吾郎ちゃんも、触られようが、すっごい近くで話をされようが、何をされてもまったく動じず、中居さんが話す間ずっと見つめたりして(笑)、笑顔全開で・・・。
可愛いよ、この2人♪
もうこの番組での2人の様子は「結婚」というか「夫婦」を体現してるような気がする。
相手に、話す、触れる、触れられるのに、ドキドキ、わくわくするのが恋愛。
それに対し、相手に触るのが無意識にできて、触られるのもまったく気にならず、ドキドキわくわくはないけど、そばにいることが普通、そして相手に対し、信頼と安心があるのが結婚を続けてる夫婦だと思う。
だから、恋愛中の恋人と違って、チューをしたぐらいでは毎回むらむらなんてないと思うよ、中居さん(笑)。

中居さんは結婚うんぬんより、まず他人と3日以上暮らせるか試してみては?
とりあえず、結婚について互いの胸の内を明かした中の(笑)、よくよく知っている吾郎ちゃんと暮らしてみればいい♪
「人間味に嘘がなく、そこがとても心地いい」(by段田安則さん)といわれる吾郎ちゃんは天邪鬼で気を遣い過ぎる中居さんが暮らしてみるのにはおすすめだと思う♪
でも心地よすぎて「このまま2人でじじぃになっていくんだ(笑)」(by勝俣さん)の可能性もあるけどネ(^o^)

関西の方、これから4週、「黒バラ」は可愛い中居さんと吾郎ちゃんを観れる絶対お勧め番組です



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。