上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.25 月イチ
有吉さんが放送で吾郎ちゃんのことを「すごい。俺はこの仕事できない」と言ってくれたのがうれしかった。
HPでも「僕にはできない。恐ろしい。関係各所のことを考えると、絶対に引き受けられない。稲垣さんは凄い、腹が据わっている」と。ありがとう。
そしてこれを載せてくれたテレ朝も。
月に一回(もないときもある)、わずか12分のこのコーナーで吾郎ちゃんが背負う大きなイメージとダメージ。
「映画は吾郎ちゃん」、「これを観て参考にして行く映画を決める」というのはプラスイメージ。
そしてダメージ。
吾郎ちゃんが自分で選んだ映画ならバッサリ嫌い!という言葉はあまり出ないはず。
でもこれは慎吾くんが選んだ5本。
洋画だけならまだしも邦画も沢山入ってる。
映画は好みがはっきりするもの。
吾郎ちゃんが嫌いな映画でもその映画のファンがいて、その映画監督の、俳優のファンがいる、もちろんご本人たちも。
狭い業界のまたさらに狭い映画業界。
その中に身をおく吾郎ちゃん(「自分も映画でお芝居とかする人なのに」by慎吾くん)
たくさん話していることをすべて放送してくれたら、また違った感想を持つと思うけど、編集はやはりインパクトが大切。バッサリの辛口が目立つ。
とくに視聴率が高いわけでもないけど、今回吾郎ちゃんが映画に出たことでいろんな人が「月イチ」を引き合いに出しているのもちらちら見た。
中居さんの言う「SMAPは圧倒的」というのがいい意味でも悪い意味でもここでも生きているのかなと。
そんな業界、世間の雰囲気を分かりつつ、自分で話したことはどういう風にカット編集されようとそれはスタッフの仕事として信頼し任せる。
OAされたものの評判は受け止めるという腹がすわってる。
真摯な姿勢で映画を自分の感性で語る吾郎ちゃん。
ほんとに映画が好きじゃないと出来ないと思う。
それが慎吾くんのいう「吾郎ちゃんにしか出来ない、独自の何かをもう編み出しているような気がする」になるんじゃないのかな。
長く続けて欲しい。
出来れば1回、1時間「月イチスペシャル」として吾郎ちゃんに好きな映画を思う存分、話してるのをノーカットで流してくれたらな。

スポンサーサイト
先週の「TVガイド」に載ってましたが、「スマ新」での吾郎ちゃんバースデーメッセージ募集してます

毎週「スマスマ」に取材に行ってるガイド記者さん達・・・・もしかして吾郎ちゃんにメッセージを渡してもらえる・・・かも?(^^)

いつも素敵なエピを書いてくれてる「ガイド」に感謝の意も込めて、たくさん吾郎ちゃんへのバースデーメッセージを送りましょう

はがき、FX、メールで募集してます。

締め切りは12月3日です。


2010.11.21 結婚詐欺師?
「スマ新」
明日のビストロゲスト向井くんのエピが。
慎吾が「向井くんの結婚詐欺師なら、俺が女だったら騙されてもいい」と発言したのに対し、吾郎ちゃんが「女じゃなくても騙されてもいい」と爆弾発言♪
このエピが放送されることを祈ります・・・のんのん。

TV予告ではお店で働いていたことからシェーカーの見事な扱いをしてみせた向井さんの様子が。


ではこの2つを受けての「空想」
アホだな・・・(笑)

以下は現実のスマさん達とは違います。



「スマスマ」
街中で、わざわざ車の窓を開けて吾郎ちゃんに声をかけるか、中居さん。
そしてそのまま車で去っていくなんて、「ガイド」の吾郎ちゃんをくすぐるエピといい、まるで好きな子にわざと意地悪してる小学生・・・可愛すぎる中居さん。
しっぺで便乗する中居さん、「関係ないのに!」(by吾郎ちゃん)。
それに速攻中居さんの頭を叩く吾郎ちゃん。
きっと中居さんに腕を持たれた時点で吾郎ちゃんは中居さんが何かするとセンサーが働いたんだ。
中居さんの「フリ」は見逃さない吾郎ちゃんの中居専用センサー(笑)
みごとな速攻「返し」にとってもうれしそうな中居さん・・・頭叩かれたのになんですか?その笑顔は(笑)
これからもどんどん吾郎ちゃんにちょっかい(?)出してください。
2人の心からも笑顔全開はとっても可愛い。

しっぺされて吾郎ちゃんに寄り添う?剛くんも、「2回目が痛い!」と言って吾郎ちゃんの背中に隠れる木村さんも可愛い・・・珍しい構図。中居さんの頭を叩いた吾郎ちゃんが男前に見えたのだろうか?2人とも(笑)

「ご飯」と薦める吾郎ちゃんを「おかしいでしょ!」と断固拒否して自分で食べちゃう慎吾くんも可愛い。

そうそう、みんな頑張れ!中居さんに負けずに吾郎ちゃんにちょっかい?出してください♪

倉木さんの歌がスマップに合ってました。
吾郎ちゃんは女性ポーカルの歌はよく聞くのかな?今回も後ろで口ずさんでた。
倉木さんといえば「コナン」
小五郎が神谷さんじゃなくなった頃か、時間が変わった頃からか観なくなったなぁ。


「流れ星」
「昨日も吾郎ちゃんひどかったねぇ」
「そうそう、何あれ」
「いや、吾郎ちゃんじゃなくて、修一兄さんです」
私の周りの視聴率が80%のため、毎週このような会話が。
毎回10分にも満たない出演ながらインパクトが大なことと私が吾郎ちゃんファンと知ってることから。
どんどん黒目が大きくなっているのではないかと思えるぐらいアップが不気味ながら麗しい。
詐欺師でも結婚詐欺師でもホストでも空き巣でもと、自分で稼げそうな特技を次々披露するお兄ちゃん。
そもそもその勘と情報収集力と推理力、行動力があれば探偵業他何でもどこでも働けそうな。
しかしもう5話終わっちゃったんだよね。
修一兄さんの梨沙への執着心の原因とかちゃんと描いてくれるのだろうか?
キーマンとしてならそこがないと話が薄っぺらくなっちゃいそう。
(しかし私は健吾さんのお母さんの言動に一回も共感できない・・・のがちょっと・・・)
来週はもうちょっと修一兄さんの出番がありそう・・・
主題歌「流星」も素敵だし、毎週楽しみです。



ここでお願いした「報知映画賞」ノミネートが決定しました。

作品賞に「十三人の刺客」、主演男優賞に役所さん、監督賞に三池さん、助演男優賞に山田さんと伊勢谷さん、そして吾郎ちゃんの3人がノミネートされています。
(私は助演女優賞に茂手木さんを入れたいぐらい)

どの賞をとってもおかしくない作品なので、発表が楽しみです。
助演男優賞は強敵ぞろいですが、ぜひ殿に

大変遅くなりました、間に合った

木村拓哉さま
お誕生日おめでとうございます

「キャッチスマ」で吾郎ちゃんへの返事に曲をすっ飛ばして優しく語り続けてくれる熱い木村さんが大好きです。
CMのあの艶っぽい誘う目線には毎回クラクラしてます・・・よくカメラさん、耐えられたなぁ・・・
若い頃から今も写真うつりは抜群・・・決め方もざまざま、自分の見せ方を熟知してる木村さんは素敵。
逃げることもあきらめることも嫌いと言い切れる木村さんを尊敬してます。
性別年齢を超えて人を魅了するオーラを放ち続ける木村さん・・・持って生まれたものに年齢を重ねてちゃんと蓄積しているから、このオーラは枯れることなくますます強くなっているのだと思います。
ストレートに感情を表していると思われがちですが、きっと複雑な環境、雑音の中に身をおいてもっともっと言えない事のほうが多いはず。
それでもまっすぐな目線の力強さに人として憧れます。
周りの人を愛してやまない優しさとやんちゃさが可愛い。
何より一番誇れることがスマップとメンノンインタビューで答えてくれる今の木村さんが好きです。(いろいろあった過去を乗り越えてここまで来た・・・よく知らないけど・・・おいっ!)

これからもずっと誇れるスマップの木村拓哉として、メンバーとともに輝き続けてください。

素晴らしい38歳となりますように




以下は現実のスマさん達とは違います。

2010.11.13 会報
「The21」のテリーさんの中居さんのリーダー評を読んだ。
私が思ってる中居さんに近くて、やっぱり凄い人だと思う。
一歩引いてるリーダー。
木村さんが引っ張っていってくれるから、安心して中居さんは誰も遅れることがないよう一番後ろからスマップを見渡している・・・メンバー誰もが輝けるように。
でもやっぱり中居さんだけではムリだと思う、木村さんが、吾郎ちゃんが、剛くんが、慎吾くんがいないと今のように輝き続けることなんてできない。
中居さんが居てくれてよかった。木村さんが居てくれてよかった。吾郎ちゃんが、剛くんが、慎吾くんが居てくれてよかった。そして、森くんも。
ほんとにこの5人(6人)でスマップになってくれてよかった・・・と、いまさらながら、改めて。

「会報」
届きました。
「ヤマト」と「僕と妻の」の割引券が。
そういえば「座頭市」もありましたが、「十三人の刺客」は割引券、ありましたっけ??

左ページ上の写真、「吾郎ちゃん、何の白い幕の向こうに?」と思ったら、ポンチョでした(笑)・・・観てない人にはわからないと思うがなぜこの写真?
右下にはふわふわ頭の殿がおわします♪
好きなのはその隣の赤い衣装で、すそがひら~ってなってるもの。
この衣装が一番似合ってた。
ソロで前に出るとき、毎回自分で手でひら~ってなびかせてた。
この衣装の見せ方をよくわかってるなぁと毎回ときめいてました・・・なつかしい~~~
12月8日の吾郎ちゃんのお誕生日にライブDVD発売です。

「BACK STAGE REPORT」
呼び方が「吾郎ちゃん」ってなってるのが好き。他のメンバーはみんな「くん」呼びなのに。
私の野望(笑)である『世界に「ごろう」という名前の人はたくさんいても、世界中老若男女「吾郎ちゃん=(イコール)稲垣吾郎」と認識しよう、呼ぼう』がここでも♪
(でも私は野望はあるが特に何をしてるわけではありません・・・やれよ!^^:)

「哀愁探偵1756」
イナゴローじゃなくて、イチナナゴーロクです。
「人はコードネームで呼ぶ、イチナナゴーロクと」と吾郎ちゃんがナレーションしてます。
せっかく「吾郎ちゃん」呼びしてくれてるのに、間違っちゃダメじゃん、会報!
まったりゆったり深夜にふさわしい番組です。天然かつちょっとたまに毒吐き吾郎ちゃんが観れます♪
早く放送してくださいMBS!
めざせ、全国放送!!


「流れ星」
いいですね~。
このごろラジオでコブクロの「流星」もよく流れてて、聞こえる度に梨沙ちゃんと健吾さんの2人が浮かびます。そして修一兄さんも♪
2組の兄妹の背景はどちらも複雑そうで・・・修一兄さんも気になる私としてはその辺を丁寧に紐解いて欲しいなと思いますが、時間はあるのかな?
落ち着いたじっくり観たいドラマです。
私の周りでは視聴率80%ぐらいある♪




「どーして、中居の「もずく頭」なんだよ!俺の「エンジェルボイス」のほうが先につけたんだぞ」
「それをいうなら、俺の「針金ゴロー」なんてイラスト付きだよ!」
「あのね、2人とも。このドラマは僕のニックネームを披露する場じゃないから」
「「うるさい!イルカに乗った王子さま!」」



「イルかに乗った王子さま」がツボで・・・遊んでみました♪




今日は映画サービスデーです。
みんな1000円で映画が観れますよ~♪

もう観ましたか?「十三人の刺客」
よかったですね~。
そう思う方はぜひ「第35回報知映画賞の読者投票」に投票してください。
豪華商品が当たる・・・かも(^^)
締め切りは11月10日ですので、お早めに☆!

まだの方は評判は聞かれてますか?
吾郎ちゃんの暴君のヒールっぷりがすごいとか、本格的時代劇が観れるとか、50分の殺陣が圧巻だとか、役所さんや松方さん、市村さんの存在感だとか、山田さん伊勢谷さんはじめ若手がいいとか、吾郎ちゃんの暴君のヒールっぷりがすごいとか、吾郎ちゃんの暴君のヒールっぷりがすごいとか、吾郎ちゃんの暴君のヒールっぷりがすごいとか(しつこい♪)・・・etc.いろいろありますので、評判を検索してみてください。
これは絶対映画館で観るに値する映画です。
(・・・ちょっとグロいシーンもありますので、そこは心構えをして行かれることをオススメします。私はそれで大丈夫でした)

何の映画を観ようか迷っているなら「十三人の刺客」をオススメします♪

で、観て「よかった♪」なら、上記の読者投票に投票、お願いします☆!


月9「流れ星」のダメ兄ちゃんとはまた違った役者吾郎ちゃんが観れます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。