上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家ではなぜかラジオの電波が受信できないので、車に乗っているときはCDではなく、ラジオをかけています。
先日運転していたら、たまたま優馬くんのだった。
そっくりそのままではありませんが、ニュアンスはこんな感じです。
「休みが何日かあったら、旅行に行きたい、沖縄とか・・・でも焼けるのがなぁ、この頃焼きたくないと思う。白いまま生きていきたい。」
「吾郎ちゃんか!」とハンドル握ったまま、ラジオに突っ込んでしまいました。
あの年で焼けたくないというのは、女の子だけでなく、優馬くんだけでなく、実は今の若者の常識?
日焼けに気をつければ、どういう成果になるかは、吾郎ちゃんが先に証明してくれると思います。

「スマスマ」
可愛いくりんくりんヘア。
「象」のアンケートであのヘアが可愛い、似合ってるという声が殺到して、吾郎ちゃんはくせ毛に対する考え方が変わったのでしょうか?
できれば「象」の男のふわふわが希望ですが、収録時、あの髪型はまだ吾郎ちゃんの中では「男」で、切り替えが難しいのかな?
歌はアイドル暦20年の歴史と底力、みんな可愛い、Jr.に負けてない。
マーガレットさんに体当たりされて、そのあと逃げずに腰を抱いて体当たりをやめさせるあたりは、女性の扱いがスマートです。
でもETでお触りされたことをしっかり暴露するところも吾郎ちゃんらしい、誰に知って欲しかったんだ?(笑)
「カニ蔵」
吾郎ちゃんの咳を心配する慎吾くんと、NGを出して慎吾くんのテンションを気遣う吾郎ちゃん・・・2人とも素敵、可愛いよ。

「仰天」
「メンバーで合わない人が・・・ごめん、吾郎ちゃん」とまた例の中居さんの照れ隠し(笑)
ファンは分かっているからいいですが、どうも鶴瓶さんの反応がマジに中居さんが嫌がっていると思っているのか、「それはダメや、あかんわ」とマジ顔。
鶴瓶さんがそんな態度だとゲストの方は、みんな本気にしちゃいそう。
中居さん、鶴瓶さんと仲がいいのですから、ちゃんとそこは吾郎ちゃんのことをよくお話しておいてください。
そうすれば、そんなときの中居さんの態度は、単に愛情の裏返し、照れ隠しと理解できますから。

スポンサーサイト
「SMAP上海万博ファンの集い」が開催されるそうです。
「帰ってきたら、日本でライブやるからね」と言ってくれないと、日本脱出させませんから


上海行って、アルバム出して、ライブして、殿のキャンペーンですか?
その前に「ほん怖」もあるかも・・・
「金田一」もそろそろ撮って欲しいですが・・・
忙しくなりそうですよ、吾郎ちゃん(希望的観測)
「ポポロ」で言っていた「木村さんとのゴルフ」はツアー中に地方で、なんていかがでしょう?
どうせなら、メンバー、みんなで回ってください・・・ついでにカメラも回してください


2010.04.16 「anan」
「anan」
この特集の真ん中ページに吾郎ちゃんの「シネマナビ」を入れてくるとは。
「シネマナビ」だけ立ち読みはお断りの表れか?
濃い特集の中の1服の清涼剤、重たいフルコースの中のリフレッシュメントのシャーベットのような役割?
爽やかな吾郎ちゃんの写真とまったく特集にかすりもしていない内容の映画。

「月に囚われた男」
別に木村さんの「月の恋人」にかけて「月」がついた題名の映画を選んだわけではない・・・と思う(笑)
低予算で製作された映画というだけで、ホッとする私は貧乏性?
どうも莫大な金額をかけた超大作!というだけで観る前からお腹いっぱいになってしまう私。
なので、こちらのほうが興味あります。
デビット・ボウイも好きなほうですし。
舞台劇のような映画ってどんな感じでしょう?
舞台っていうだけで反応してしまう・・・素晴らしかった「象」、素敵でした、吾郎ちゃん♪

しかしせっかくの特集なのだから、吾郎ちゃんももっと春らしい薄い生地の服装で、流し目ぐらいのショットでもよかったのに。
そして、もっと官能的な映画を解説しても・・・
だって、特集の記事の内容、あんまり・・・(以下自粛)
吾郎ちゃんが官能的な映画の解説したものを読んだほうが、よっほど「感じる脳」になれると思いますが。
・・・こういうこと書くとまたエ○コメントが来そう・・・

斗真くん、大人になりました。
丸いおへそが可愛い(しっかり観てる)
やっぱりいい子だなぁ。
「僕の周りには年齢を重ねるほどセクシーになっていく先輩がたくさんいる」
これに吾郎ちゃんは入ってるんでしょうか?
殿が解禁になったら、「入ってる」って大声で言えそうな気がします。
「経験人数ではなく一人の女性を深く愛することのほうが男を成長させる」
友人の付き合い方にもいえるんでしょうか?
これからも長くそして深く(?)吾郎ちゃんと先輩後輩としてお付き合い、よろしく♪

「popeye」の宣伝で1ページ木村さんの写真でお得♪な感じ。
でも吾郎ちゃんより写真が大きいって・・・

一応書いておこう。
木村さんの1ページ宣伝写真でも斗真くんの素敵な写真でもなく、私の購読した目的は吾郎ちゃんの1ページ映画解説です、「anan」さま。



「Mステ」
ちらちら流れるSMAP。
年代順じゃないのが・・・
古い年代なら、ファンでない人の曲も口ずさめる(笑)

「いいとも増刊」
友近さんがゲストのとき、「稲垣吾郎」から来ていたお花がちらっと写ったので保存。

「ナスカ」
ナビゲーターとかじゃなくて「旅人」というネーミングからして素敵な番組。
その期待に答えるようにアップや立ち姿のショットも美しくちりばめられてました。
ヘリが怖いはずなのに、地上絵が見えたらはしゃぐ声も、素人目線の素朴な質問も、浮ついてない感想も、こういう知的な番組にしっくりきていました。
これからは「旅人」シリーズとして、世界を旅していろんなことを教えてください。
しかし、ナスカにピラミッドがあったなんて・・・
あの地上絵は石を退けただけというあんな簡単な作りながら、どうやって全体象を決めたのか?
空から見て指示するわけではないだろうし・・・それも発掘とともに解明されていくのかしら?
まだまだ謎だらけ・・・地球は広い。


「TVガイド」
・中居さん
「出演者が不完全燃焼でも収録後のスタッフの頑張りで面白くなる場合も、その逆も・・・僕たちは素材。料理するのはスタッフと割り切ってる」
「スマ新」で萌を拾ってくれているガイドだから、言ったのか?
「スマスマ」で視聴者観覧が増えているのは、オンエアを期待していないので編集前の面白いものを出来るだけ多くのファンに見せたいため?それが全国ではなくごくわずかのファンに限られると分かっていてもせずには居られないほどに・・・
それほどまで思ってもどうにもならない編集の事情とは何?
・木村さん
新しい番組が新しい靴でその作品なりの靴底の減り方・・・分かるような分からないような・・・木村さんのたとえ話がまだよく理解できない・・・ツイッターで木村語録をフォローしてるんですけど(^^;)
・吾郎ちゃん
「地デジ」がたくさんでてきて「プチ地デジ大使」となってる。
吾郎ちゃんの口から「金田一」って聞くと期待しちゃいます・・・していいの?
・剛くん
「これからも自分の青春や人生を懸けて」
これからも青春を懸けて・・・って、年男の剛くんはいつまで青春なんだ?!
と、思ったけど、青春を懸けてこれまでやってきて、これからも人生を懸けるっていう意味かと、気付いた私。
・慎吾くん
さすがSMAPのファンの慎吾くん、メンバーみんなの番組を言ってます。
私も慎吾くんはTV向きだと思います・・・(慎吾くんの舞台を観たことないのに言ってみる)
いいアイディアかも・・・ネタを募集するより、結末を投票するほうがよっぽど、画期的♪・・・聞いてる?「スマスマ」企画の放送作家さま(プチ毒)



以下は現実のスマさん達とは違います。
「ウラTVガイド」を読んで浮かんだものです。
事前の会議での「コブシを突き出して」なら木村さんと吾郎ちゃんだし、現場での「コブシを突き上げて」なら剛くんと慎吾くんが正しいと思います・・・さて現場ではどっちだったんでしょうね?
でもどちらにしても「ニャン♪」にしか見えない中居さんは違う気がする(笑)
これは「空想」には関係ないです(笑)
剛くんのこと、良い意味でなので・・・怒らないでくださいね。







「GIゴロー」
昨日でしたね。
レポなど読むと、「稲垣吾郎一座」の面々は和気藹々と楽しそうで、なにより男爵が天然可愛かったみたいで

昨日ツイッターで呟きだけを見ようかと思いましたが・・・ムリでした・・・
観てないレポとか見てるから大丈夫だと思ってた。
「Goro'sBar」は何週か遅れだったし、「忘文」もまだ最終回は放送されてない地域なので、まだ観てない放送についての感想とか読むのは慣れてるから・・・
でも違ってた。
観てなくてもいつかは観れるとわかっている感想を読むのと、観れるあて(放送)が今のところないのにタイムリーで盛り上がっている感想を読むのとでは全然違う・・・
せっかくの門出にマイナーな記事でごめんなさい
でもやっぱり気になったからブログなどで今日は男爵ぶりをちょこっとチェック(笑)

だから早く参加させてください、MBSさま他一部地域放送局さま。
盛り上げて、早く全国放送にしてくださいね、みなさま
そして、お願いし続けましょうね、一部地域のみなさま


「週刊○性」
「溶岩浴で1000万」って、いうから「そんな通ってるんですか?!!」と驚けば、溶岩浴できるように風呂を改装とか。
「OLのような・・・」とか書かれてますが、どうせなら「女優」と言ってください(笑)
「事務所の後輩たちが入りたいとお願いしているようですがまだ誰も入ってないみたいです」
後輩たちって・・・よく出てくる彼に入り口くんにカツコン一緒に観た彼にビストロで休日の過ごし方を聞かれた彼と、あと誰でしょう?・・・と勝手に想像
で、後輩たちはまだなのよね、後輩たちは・・・メンバーは?・・・と思う存分妄想(笑)
しかし「ジャニーズ4大ニュース」の1つがこれって・・・今ジャニーズは平和?
でもね、お風呂の改装より次のお仕事の情報が知りたいです、吾郎ちゃん


「王様のブランチ」も「ナスカナビ」もない地域ですが、本編はちゃんと放送してくれます。

・・・あとは「GIゴロー」だよ(涙)


もう気がつけば4月ですね。
と、いいつつまだまだ1度だけしか観れなかった、でも1度だけしっかり観れた「男」に、「象」に思いを馳せ、そのますます大きくなる存在と日々変化する感想をうまくまとめきれない自分を歯痒く思っています。
ほんとうに素晴らしい舞台だったのです。
その良さを伝えることが出来ないもどかしさ・・・
こんな舞台こそテレビ中継なりDVD化するなりして多くの方に観て欲しい・・・
観た方の数の分だけ、いろいろな感じ方が出来る、また、たぶんですが、観る回数の数だけ感じるものが変化する、そんなすばらしい舞台でした。

年に1度は舞台に・・・立ち続けて下さい。

その願いが努力に裏打ちされたものであることを今回の舞台で観せてもらったような気がします。
そんな吾郎ちゃんのファンであることを誇りに思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。