上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.28 吾郎ちゃんだ
「ドリームプレス社」
ダイエットというから観ていたら、吾郎ちゃんがチラリと映りました
また、映るかも
スポンサーサイト
「佐々木夫妻の仁義なき戦い」最終回
終わり良ければ、全て良し、ってことで。
クリクリ癖毛黒髪の明日くんの手をノリくんと律ちゃんが繋いで歩く姿を観たら、「これでよかった、別れなくてよかった」って思った。

裁判所の吾郎ちゃんの演技はすごかった。
愛情に満ちたとても優しい泣き顔がステキだった。

突っ込みどころは最後までいっぱいあったけど、もう書かない。
信ちゃんも桜庭きゅんももっともっと前の回から、活躍して欲しかったな・・・ほんとこの3人で「イケメン弁護士物語」やって欲しい、こんどこそ、弁護士活躍のストーリーで。

結局「究極の愛」はベタだけど大切なこと。
「ケンカはくだらない・・・けど、相手のことを知り、自分の事を知り、もっともっと相手のことを好きになる」

以下はちょっと辛口
この結論のためにあの耐えがたい言葉や態度は必要だったでしょうか?
「悶々」と1週間考え続けなければならないほどのモノを見せられ続けていたのはなんだったのか?
演じるものも観るものも気力体力使い果たすぐらいのあのシーンの数々が不可欠だったとは思えない。
むしろ、このラストをもってくるなら、1話テイストのを続けていたほうが、このラストは充分納得できるし、開始前の「ラブコメ」といえたのに。
最終回にケチをつけるわけではなくて、逆にこの最終回を生かすために途中にケチをつけてます(笑)

だって、最後は可愛くてちょっと意地っ張りの愛すべきノリくんと律ちゃんにもどってた。
裁判所で苦手だった愛情表現をちゃんと出来たことがこの2人の成長。
この成長を観るために10話がんばってきた、そして、すばらしい演技でそれを表現してくれた吾郎ちゃんと小雪さん。

ノリくんと律ちゃんと明日くん、信ちゃんと猪木さん、桜庭キュンと恵ちゃん、馬場さんとどっちかのお母さん(?・・・馬場さんは明日くんのおじいちゃんになるか(笑))、蝶野さん一家、みんなみんなお幸せに。


お疲れ様でした。
また、吾郎ちゃんと共演してほしい方々ばかりです。
吾郎ちゃんは「ブログ」によるとプライベートを満喫しているようですが、「鬼ファン」としては、それは去年に今年の分も満喫したと思うので、ビジュアルがステキな今のまま、次のお仕事に突入してください、よいお仕事ニュース、お待ちしています。


感想、もっとはやくあげるべきだったのでしょうが、「ドラマ」が終わって、「虚脱感」「脱力感」「喪失感」・・・?
もう、日9に吾郎ちゃんというより、ノリくんに会えないんだ・・・・・
と、何も書けませんでした。

このブログが始まって、初めての吾郎ちゃんの「連ドラ」。
番宣含め、毎週、楽しみに(じゃなく大変なときもあったけど)観て、ブログを始めていたから出来たBBSへの投稿とか、ブログで感想書いて、空想まで書いて、それに拍手やコメントまでもらって・・・私にとって初めてづくしの「連ドラ」が終わってしまった・・・

ここまで、シーンの1つに、1つのセリフに考えさせられて、悩んだドラマはなかったです。
コミカルな吾郎ちゃんもシリアスな吾郎ちゃんも堪能したドラマです。
そんないろいろな思いを、このブログで書くことが出来たました。
このドラマがブログを始めてから、始まったことは私とってはラッキーでした。
特にノリくん達が「空想」で話し始めたことにはビックリです(笑)
「感想」や「ノリくん空想」にたくさんの拍手、コメント、ありがとうございました。
終わってしまえば、とっても充実した期間でした。

すっかりノリくんがぬけて、ゴルフ楽しんでる吾郎ちゃんを見習って、私も次の吾郎ちゃんのお仕事のニュースに備えて、がんばります。
(とりあえず、DVDとノベライズ本が当たるよう、せっせとハガキを書きます。3/30消印有効です。)

2008.03.22 雑記
タイムリーに書かないと、読んでる人は話題についてこれないよね・・・と、言いつつ1年が過ぎてる・・・

「佐々木夫妻・・・」
最終回前にも関わらず、なんの宣伝もない地域・・・「ブランチ」観たかったよぉ~
心静かにそのときを待ちますか・・・と言いながら、ノベライズ本が出ているというので探してみました(おいっ!)
うちの近所にはまだきてないみたいです。
もし、あったら読むかどうかも決めかねてるのに探してる・・・見たいような、見たくないような・・・

「anan」
慎吾くんのは明るい色使いで春らしくていい!
やっぱり「ピンポン」の「4冠達成」の時に出ていた通り、吾郎ちゃん以外はカラー?(中居さんのは写ってなかったけど)
吾郎ちゃんの「モノクロ」も雰囲気がよくて、それぞれ個性を生かしたグラビアだと思います。

ただ、「Men’s non+noG」の木村さんと、この慎吾くんのを見て、吾郎ちゃんのも「動き」のある写真がほしいなと。
吾郎ちゃんのはどれも美しい肖像画の様で・・・(それも貴重ですが)
「躍動感」とまではいかなくても、もうちょっと「動き」があるのも撮ってくれたら、また違う印象になるのにな・・・
「Men’s non+noG」の木村さん「ピンクは元気の出る色」「青は一番好きな色」、意外に「赤は着ない」
ピンクも青も吾郎ちゃん関連の色(中居さん関連の色ともいえるけど)

「ぷっすま」
なぎスケが奇跡の味を開拓。
「バニラアイス」の「コーンポタージュ」掛け。
剛くん、ぜひ吾郎ちゃんにオススメしてみてください。
物怖じしない彼なら、きっと試してくれると思います。(「Goro's bar」で、いろいろな味に果敢にチャレンジ済み!)

「世界仰天」
花粉症に限らず、いろいろアレルギーを持ってる・・・ほんと、年をとると突然発症するので、アレルギーの数は増える一方・・・

「Goro's bar」
河本マネに「どうして、僕にメールをくれないの?」と確信犯的に言ってみるオーナー吾郎ちゃん。
でも河本マネから、もしメールがきたら、自分の言葉を忘れてて「何の用?」と聞くんだ、きっと。
わざわざ席を立ってまで、セクシー下着に触ってみるのに、河本マネに「開いてるんですって」と振られただけでヘロヘロするオーナー。
「なんで、オーナーに振るんや!ヘロヘロやないか」とフォローしてくれる井上さん。
オーナーが楽しそうなのが和む。

「Precious」の「小雪模様」
小雪さんが言ってる人は誰のことなのでしょうね?
吾郎ちゃんファンとしては、勝手に思い込んでます。
2人で話してる雰囲気が好きです、「僕音」よかった。
あの至近距離であんなにリラックスして話せるなんて、よっぽど波長が合うのでしょう(なぜか「姉と弟」に見える。吾郎ちゃんのほうが年上なのに)
小雪さんが吾郎ちゃんのことを「人生の醍醐味を知ってるから」と言っていたのが印象的。
また共演してください。

「Myojo」
リーダーとそれを担ぐ人達がふれ合っていれば、リーダーは孤独にはならない。
スマップで20年実践してる木村さんの言葉。
中居さん、孤独じゃないよね、4人がいるから。
「愛がないと起きれない」剛くんが可愛い。
これからも、メンバーから愛をもらって、大きくなってね(と言いたいぐらい、可愛いな)
2008.03.20 スマスマ感想
今頃、の感想です。
昨日書きかけたら(この時点でも充分遅いけど)、「新CM」を観て「空想」浮かんで、そっちを書いたもので・・・

「スマスマ」

「ビストロ」
EXILEさん達を従えて先頭を歩くよりも、EXILEさん達に守られながら後方中央を悠然と歩く方があってると思える吾郎ちゃん。

1人で上にいる吾郎ちゃんに声を掛ける中居さん。
吾郎ちゃん「降りてっていい?」
中居さん「いいけど絡めないよ」(絡みたいけど)
こういうとこが、中居さんはすごい。ちゃんとよく見てるし、声掛けも的確。
大人数のEXILEさんもみんな話しをすることができた。

「このフカヒレはドングリだけを食べて…」と、説明?してる慎吾くんの横で、無言で首を横にフリフリしてる吾郎ちゃんが可愛い

コールドストーンアイスを作ってるときのスマさん達がいい。
特にチョコかけるところ
剛「よけいやり難いよ」
吾「自分にかかっちゃってんジャン」
木「結局混ぜんじゃねえかよ!」
中「いいかげんにしろよ!お前」
慎「やば、これ、入れんの忘れちゃったよ」

アイスを取り分けてる慎吾くんに中居さんが「配分、考えてください」
それを受けても明らかに多い分量だろうと思える量を入れたのを見て、吾郎ちゃんが木村さんを振り返る・・・「多いよね」と言いたげな笑顔
まだまだ入れすぎだろうの慎吾くんに再度中居さん「バランス考えてください」
この言葉に木村さんが吾郎ちゃんに肩ぶつけて笑いながら「なくなっちゃうよ」
笑顔の吾郎ちゃん。
最後のUSAさんの分量を見て思わず吾郎ちゃん「あっ、ちょっと少ない」
木村さん「なんかUSAくんの分、若干少なくねぇ?」
時間がかかって、焦り気味に入れてた慎吾くん。
アイスの分量にこだわる中居さん、木村さん、吾郎ちゃん。
その間、沈黙マンの剛くん。

「せっかくだから、スマップも」とアイス試食の木村さんはカップで、剛くんはコーンで。
お久しぶりに観ました「木村さんのスプーン返し」・・・可愛い。
わちゃわちゃしてるスマさん達は、なんでこんなに可愛いんだろ

「ゴロはるみ」
この間の「いいとも創刊号」で本家の方を観たので「似てるなぁ」と。
でも、本家でも面白いかどうかは・・・・・・・
吾郎ちゃんのきれいな足が観られるというのがメリット?
TV誌で見たストッキングの中で大変なことになってる「す○毛」のことは記憶から、削除して見ましょう!(笑)

今回なしだった「エンディング~トーキング~」が観たい。
特に未公開「弾丸ファイター」の・・・歌なしでいいから、「トーク」だけでも。(ムリ?)
「ポカリ新CM」
5人でCMっていうのがうれしい
メーキングもちょこっと観れて幸せ
木村さんの投げたボールを受け損ねて「顔面強打」な吾郎ちゃん。
ラグビーボールは形が特殊だから、取りづらいよね(ラグビーボール、触ったことないけど)
CMの内容もそんな吾郎ちゃんのキャラを生かした(?)役だった・・・こういう役は必ず吾郎ちゃんだな。
CMの中で、パスもらおうと「慎吾」と言ってる剛くんの声が好き。


長い・・・
書くのは楽しかったのですが・・・・・ギャグな5人です。
メインの剛くんと木村さんの扱いがひどいかも・・・キャラが違う?・・・好きです、2人とも
以下は現実のスマさん達とは、違います。


「がんばった大賞」
今回は「生」なんだ・・・ハラハラドキドキ
汗を拭き吹きがんばってる剛くんが一番「がんばった大賞」
ゴリさん、剛くんへの突っ込みは加藤さんのように優しくしてね。
慎吾くんを見て、安心しすぎて、あせって、「薔薇のない花屋」を噛んでしまった剛くん。
しっかりものの弟慎吾くんとダメダメアニキの剛くんが可愛いな






久々「スマ空想」です。
題名「クランク」をつければわかりやすいかと・・・・内容は相変わらず、まったりと会話のみ。

「うたばん」の会話からのみです。

以下は現実のスマさん達とは、違います。

「9話」
7、8話より、落ち着いて観れた今回。
その理由の1つは、ノリくんのそばにいつも信ちゃんがいてくれたから。
前回までの、すべて律ちゃんの味方、正しいことを言っても孤軍奮闘のノリくん、ではなかった。
この形をもっと前からしていてくれたら、もうちょっと穏やかに観れたと思います。

2つめは喫茶店で、律ちゃんに「あなたのやり方はひどい」と私が言いたいことを桜庭くんが言ってくれたから。
やっと、正論を律ちゃんにぶつけることが出来る人が出た!
まさかそれが、あの面々の中で桜庭くんだとは思いませんでしたが・・・こめんね、桜庭くん(笑)

「彼のやり方はひどくないの?」
妊娠したこと、中絶することをノリくんに一言も言わないで、関係ない男(でもないような10話の予告だったけど)には話して、病院まで車で送らせて、その男に「迷ってるなら、やめときな」まで言われるような律ちゃんから、赤ちゃんを守る術としてノリくんの考えたことは、まだ律ちゃんの行動よりは共感できると、私はずっと思ってる。
ストーカー行為をでっち上げ、生まれてからずっと8ケ月も明日くんに近づけず、抱かせず、その上で、「私一人で育ててるんです」は勝手でしょう。
子供のことを考えてこの行為なのか、自分のためなのか?
子供に危害を及ぼす危険がノリくんにあるわけでもなく、父親としての権利は何もないものなの?
このほうがよっぽどひどいやり方だと思うのですが、離婚訴訟中とはここまで出来るものなのでしょうか?
生後1週間の新生児をむやみに外に出してはダメだと思うよ、律ちゃん。
裁判見に来る融通のきくお母さんに見てもらってた方がよかったと思うな、最低生後1ヶ月までは。

3つめは、ノリくん、信ちゃん、桜庭きゅん(この「きゅん」は山本さんのアドリブでしょうか?かわいい桜庭くんにピッタリ)の3人の場面が多かったことです。
この3人だと、とっても落ち着いて穏やかにそしてキュンと観れる。(やっぱり、3人ともかっこいいのでキュンとなります。)
もうこの3人で「イケメン弁護士事務所」作ればいいじゃん、と思いました。

1歳にならずして掃除好きの明日くんが可愛い、「血は争えない」ということでしょうか?
律ちゃんがどう引き離そうとしても、明日くんはノリくんの子供だと。(なんだか、予告はややこしいことになっていましたが)
どんな「究極の愛」が待っているのでしょう・・・・・・

「現場レポート」で江波さんから「感服しました」とべた褒めされた吾郎ちゃん。
その吾郎ちゃんの演技、今回も堪能しましたが、最終回、とっても楽しみにしています

でも、寂しい・・・あと1回で終わりなんて。
なんだかんだと文句、感想言いながらも、週1回「役者吾郎ちゃん」を堪能できた間はとっても幸せな期間なんだと剛くんの予告を観て実感しました。
寂しいけど、この幸せは今度は剛くんファンにバトンタッチ。
で、吾郎ちゃんファンとしては「映画」か「金田一」で「役者吾郎ちゃん」をみるため、「ハチドリ活動」頑張ることにします


初めてですまさかまさかの「当たり」
アーモンドチョコの図書カードが当たりました
出たときは「?」・・・だって、3回目のチャレンジだったから、まさか当たるとは思ってなかったし(じゃぁ、どんなつもりでチャレンジ?(笑))
前の時は何回やってもダメだったし、ポカリも何も当たらなかったし・・・だから、こんなにあっさり当たるとは思いませんでした。
確率が今度は高いのでしょうか?
でも前のより、いいかも。
前のは吾郎ちゃんか中居さんが一人づつ写ってたと思いますが、今度のは2人で1枚に写ってるんですよね
ちょっと前の記事で「大好きです、明治製菓さま」って書いたのがよかったかな(笑)
さっそく「めざまし」等でCMも観れたし、ますます好きです「明治製菓さま」・・・だけど、また挑戦します
だって、こんなに早く当たるなんて思わなくて、まだアーモンドチョコ、何箱もあるんです(笑)
いつ届くのでしょうか?楽しみ

かなり明るめなテンプレにPCのほうは変えてみました。
吾郎ちゃんの「丑年」にあわせて、「牛」に(普通吾郎ちゃんからは「猫」でしょうが)
(携帯からご覧の方は変わり映えしなくてごめんなさいね・・・なかなかイメージに合うのって無くって)
これくらい、気合入れとかないと9話があるから(どんなドラマ・・・怒られるのを承知で書くと、脚本家と視聴者の「仁義なき戦い」っぽい)
吾郎ちゃんの役者振りが堪能できるから、いいんです
与えられる環境に感謝しつつ、楽しむ術を見つけられるもん、吾郎ちゃんファンは。
「TVnavi」の投票は24日までです、買った人は忘れないで、出してくださいね

「うたばん」
すごい撮ってだし。
「4冠」に「HRRO」のDVDの1位は入ってないです、タカさん。
「政治欄と、スポーツ欄のみを見る」と、ポロッと、「素の中居さん」を言っちゃった中居さん、かっこいい。
「日9」はロハス兄弟に、「月9」はアジオト兄弟に、バトンが渡されるなんて、すごいグループだ。
「モニター」で見てる「ロハス兄弟」は同じスタジオならではの楽しみ方をしつつ、撮影してるところが仲良しさんで可愛い
慎吾くんもそんなことをしたくて待ってるのに全然スタジオに現れない木村さん。
まだ撮ってないって・・・「4月の月9」って、今年のですよね?
これだけで来週・・・・・この地方には「魔の『とくばん』」なんだけど・・・・・1時間しかない・・・また観れないのね



吾郎ちゃん始め、役者の方のすばらしい演技には敬意を表します。

何故かタモリさんの言葉を思い出しました。
あやふやな記憶で確かではないですが、こんな主旨のことです。
有名な(?)「鶴瓶さんとの番組の打ち切り」が決まったとき、剛くんがタモリさんに言ったときのタモリさんの言葉。
「そんなことはよくあることで、誰のせいでもない。気にするな。それより、これから、その番組を手を抜かず、全力でやることが大事だ。打ち切りだからと手を抜いたりしては、いけない。一生懸命やっていることを誰かがちゃんと見ている。それが必ず明日へ繋がる」
ちゃんと見てる「誰か」が、頑張ってる吾郎ちゃんの次の仕事へと繋げてくれると信じてます

ストーリーや内容については感想は書けません。
妊婦姿でも小雪さんはカッコイイ

出産シーンは吾郎ちゃんと小雪さん、すばらしかったです。
赤ちゃんを見つめる吾郎ちゃんがとろけそうな優しい目で

小出くんは、あいかわらず可愛い、ドラマの中のオアシス

ジャニwebにあった役者根性を見せた「強風」の中での吾郎ちゃんと山本さんのシーンも、2人かっこよかったです、やっとみれたスーツ(コートだけど)姿の2ショット



「空想」
何が書きたいのか、自分でもよく分かりませんが・・・・・
さすがにコントは浮かばなくて・・・・・
たぶん、この2人と「麺職人」を書きたかっただけ(笑)
「それでも良い」という方はどうぞ
以下は「ドラマのノリくん」達とは違います。


今、明治製菓のHPに行ってきました。
初めて見ました、CM
よかったかっこよかったこんなのを待ってたんですよく撮ってくれました
「スマスマ」さえ、高揚しない内容で、どうしたら、この落ち込んだ気持ちが、高まるものかと思ってたら、ありがとう、明治製菓さま
「ショパン」がなかなか新CMが出なくて、チョコポテトはちょっと、方向が違ってて・・・・待ちに待った甲斐がありました。
この衣装だけで満足です

中居さん。
きっと本人は、こういうのはやりやすいんだろうな、照れ屋さんだから。
CMの撮影雰囲気もよくて(この2人だから、当たり前だけど)。
吾郎ちゃん。
このCMでは、吾郎ちゃんが「オーナー」なのね

はやくTVで観たい
キャンペーン、始まりましたね。
春の会社の健康診断のため、痩せたいというのが本音ですが・・・アーモンドチョコ、マカダミアナッツチョコ、ガンバリます


2008.03.10 試練か苦行か
   この試練を乗り越えたとき「究極の愛」を観ることが出来るでしょう
   この苦行に耐えてこそ「究極の愛」という悟りを目にする事ができるでしょう



と、この脚本家は、言いたいのだ。

そのために、出演者も現場スタッフも視聴者も耐えて、耐えて、耐えて、頑張ってる、全力出しきって、このドラマと向き合ってる。


あと、1回耐えれば・・・・・・





   
   その後に「究極の愛」が待っている



さあ、いよいよ「佐々木夫妻の仁義なき戦い」第8話です。

なんだかんだといって、結局1週間、私の頭から離れなかったこのドラマ。
そういう意味では、「すごいドラマ!」と言えます。

どんな展開となるでしょう?

リアルタイムで観ます

時間がないので、これだけで・・・何のために出てきたか?
おとといも「ドラマは佐々木夫妻でしょ」と言ってくれた「金スマバンビちゃん」に感謝と負けないために(笑)

「ホントに・・・」へのコメント、拍手コメント、ありがとうございます
お返事、大変、遅くなりました。

そして、来てくださる方、いつも、拍手、ありがとうございます。なかなか、お礼をいう機会がないので、今(ついでみたいですが(笑)心から、思ってます

世間は新曲、そのPVの話題。
そして、今日の「Mステ」に本人達以上に(笑)ドキドキしているというのに。

時間が経ったので、もしかしたら、コメントと違った見方となっているのかもしれませんが、いかがでしょうか?
私は・・・変わってないです(人に聞いておきながら(笑))

BBSや他の方の感想なども読みました。
4話と同じように律ちゃん派の意見や、ドラマとして見ごたえがあったという意見も読みましたが、それは「どうしてもあの言葉」でなくても、出演者の演技力があれば成立しうるものだと思い、やはり・・・・・
ドラマのセリフ、そしてキャラになぜこれだけ考えなければならないのか、自分でも不思議ながら、それはやっぱり「吾郎ちゃんのドラマ」だからですよね。
より良い作品に出て欲しい・・・7話で吾郎ちゃんのそのすごい演技を見せつけられたから、ますます、そう思って、余計に「律ちゃん」について考えてしまいました。
だから、お返事と言いながら、「律ちゃん考」になっている気がします。

遅い上に、お返事になっていないなんて・・・・・・・・・・・「以下」にします(笑)



   「Goro's bar」が始まった・・・・・吾郎ちゃんが可愛い「バービーボーイズ」と言ってる・・・(何週か遅れなモノで)・・・・



数時間前に「ホントに頼みます」って書いたばっかりなのに・・・・・

ホントに頼みます・・・・主役の2人をどうしたいの?こんなにステキな2人を配しておきながら
しかも調停では「はぐれ刑事」のお2人が来て(藤田さんのコネ(笑))、毎回ゲストは豪華で芸達者な方々で嬉しい限り・・・なのに・・・


せっかく、5話、6話で「また観よう」と思った人が、今日のを観て・・・・どう?・・・

書いていいのかなぁ?

言葉の選択が・・・脚本?演出?監督?・・・・・・

来週はまた時間が早く経つみたいで(律ちゃんのお腹の大きさから推察)
私は最後まで応援します

以下・・・

「ドラマは佐々木夫妻でしょ、そうでしょ
と、4週続けて、最後に言ってくれてる「金スマのバンビちゃん」が可愛い
いつか、最初の人形劇「マサヒロップ」が「ノリくん」仕様で、やってくれることを希望してるのですが

「北海道チョコポテトテイストクランチ」
いつの間に全国発売に・・・
「佐々木夫妻」に気を取られて、「チョコポテト」のHPを覗いてませんでした・・・油断してた
今日お店に行ってビックリ
全国発売を知らなかったから、「ここのお店はスゴイ」と喜んで、また別のお店に行ったら、またそこでもちゃんと売ってました(でも最初のお店のほうが吾郎ちゃんのポスターが、ちゃんとあった
よりチョコリッチな気が・・・どっちかというと「チョコが多すぎ」という意見のほうが多かったようなのに、何故?・・・
私はチョコ好きだから、いいんだけど。
形が違うと食感も違って、なんだか別物という気がしました。
どちらが好きかは、もう好みで・・・とにかく、吾郎ちゃんの新CMを切に希望

「佐々木夫妻の仁義なき戦い」
なんだかんだいって、もう今日は7話です。
先週の6話をタイムリーで見れなかった家族が「今日までに観なければ」と、昨日録画を観て一言。
「この男(ノリくん)に美女2人が取り合いするのがわからない」
私が「回し蹴り」食らわしておきました・・・といっても、今期ドラマを観てるのは私の影響で「佐々木夫妻・・・」だけで、楽しみにしているんですけど。

もうすこしで、可愛いノリくんに会えますね(カッコイイ仕事バージョンも観たい
吾郎ちゃんはじめ、出演者の演技には何の心配もしてないですけど・・・・・ホントに、頼みます・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。